メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

蒲島郁夫

関連キーワード

  • 川辺川ダム(2011年09月18日 朝刊)

    熊本県南部を流れる球磨川の支流、川辺川に国が計画した九州最大級のダム。総事業費は3300億〜3400億円で、すでに2千億円以上が周辺整備に使われ、水没予定地の五木村中心部は住民のほとんどが移転した。清流が失われるとして根強い反対があり、2008年9月に蒲島郁夫知事が建設反対を表明し、09年9月に当時の前原国交相が建設中止を明言した。

  • 川辺川ダム問題(2009年03月04日 朝刊)

    66年に旧建設省(現国土交通省)が熊本県相良村にダム建設計画を発表。昨年9月、蒲島郁夫知事が建設反対を表明したが、なお建設を求める地元市町村長も少なくない。

  • 荒瀬ダム(熊本県八代市)(2012年12月06日 朝刊)

    1955年に完成した発電目的の県営ダム。県単独事業で総工費29億円。ダム湖周辺の悪臭や振動などのため、2002年に潮谷義子知事が撤去を決めた。後任の蒲島郁夫知事は08年、撤去費の試算が見通しより膨らんだことなどから存続を表明したが、地元漁協の反対などでダムに必要な水利権延長の見通しが立たず、10年に撤去を決めた。撤去費は88億円。国の協力を得た結果、内訳は県68億円、国土交通省13億円、環境省6億円。

最新ニュース

河川整備計画を策定 川辺川のダム建設本格化 球磨川水系(2022/8/10)

 国土交通省と熊本県は9日、川辺川への流水型ダム建設を含む「球磨川水系河川整備計画」を策定し、発表した。国は2027年度にもダム本体の基礎掘削工事に入ることを目標に、今年度からダム本体の設計、模型実験…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】広い室内と使い勝手の良さ

    キャンピングカーで行こう!

  • 写真

    【&Travel】香港の気になる男性と警察官

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&Travel】「雪の玉」は断食のお菓子?

    欧州おいしい旅・ドイツ

  • 写真

    【&M】自然とテクノロジーの融合

    ボルボ、チームラボのアート展

  • 写真

    【&w】ココナツ香るゴーヤ炒め

    料理家冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    好書好日「鬼滅の刃」における「死」

    宗教学者・石井研士さんが考察

  • 写真

    論座沖縄県知事選の勝敗のカギ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン優れた機能性の万能な一着

    4方向に伸縮するジャケット

  • 写真

    Aging Gracefully肌のポテンシャルに上限なし

    がんばらなくてもキレイを保つ

  • 写真

    GLOBE+金正恩夫妻のプライベート

    公表した北朝鮮、その狙いは

  • 写真

    sippo犬の歯みがきのやり方

    嫌がる犬の歯をみがくには

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ