メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

蒸気機関車

関連キーワード

  • 蒸気機関車C62(2010年02月13日 朝刊)

    長さ約21メートル、重さ約77トンと国内最大の旅客用蒸気機関車。1948〜49年に49両製造され、特急列車を引っ張った。54年12月、東海道線の木曽川にかかる鉄橋で、狭軌鉄道の蒸気機関車として世界最高時速129キロを記録した。アニメ「銀河鉄道999」のモデルで、名古屋・東山総合公園にあった1両は今月、JR東海博物館(2011年春開館予定)に運ばれた。

  • 仙山線(2014年10月01日 朝刊)

    仙台市と山形市を結ぶ幹線として1937(昭和12)年に開通した。奥羽山脈を貫く仙山トンネル(通称・面白山トンネル)が、長さ5361メートルと長大だったことから、蒸気機関車全盛期にもかかわらず、作並駅〜山寺駅は開通当初から直流電化され、電気機関車で運転された。

  • 交通科学博物館(2014年01月29日 朝刊)

    1962(昭和37)年1月、交通科学館として旧国鉄が開設。JR西日本が引き継ぎ、90年に現名称へ変更。これまでに約1800万人が来館。1880年製の蒸気機関車「義経号」や0系新幹線と一緒に搬入されたEF52形電気機関車など鉄道車両21両や航空帰バスなどを展示している。鉄道車両の多くは、2016年春に京都・梅小路公園で開業する京都鉄道博物館に移る見通し。

最新ニュース

写真・図版

群馬)「昭和」の気分で SLぐんまをリニューアルへ(2019/9/16)有料記事

 週末などにJRの信越線や上越線を走る、蒸気機関車の「SLぐんま」の客車がリニューアルされる。昭和初期風の内装や、乗客に自由にくつろいでもらう「ラウンジカー」も登場する。 SLを2台、客車を7両保有す…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ