メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

薬剤師

関連キーワード

  • 登録販売者と薬剤師(2009年04月25日 朝刊)

    登録販売者は、6月に施行される改正薬事法で新たに設置される都道府県の資格。大学の専門課程を修了しなければ国家試験を受験できない薬剤師に対し、登録販売者は薬の販売で1年以上の実務経験があれば受験できる。昨年8月から各地で試験が始まっている。改正法は大衆薬をリスクの高い順に第1〜3類に分類。第1類の薬は従来通り薬剤師しか売れないが、一般的な風邪薬など約9割を占める第2、3類は登録販売者も売れるようになる。法改正は誤った薬の販売や服用による事故を防ぐため、販売者責任を強化するのが目的。

  • 登録販売者(2009年06月22日 朝刊)

    6月施行の改正薬事法で新たに設置された都道府県の資格。薬の販売で1年以上の実務経験があれば受験できる。改正法は大衆薬をリスクの高い順に第1〜3類に分類。第1類の薬は従来通り薬剤師しか売れないが、一般的な風邪薬など約9割を占める第2、3類は登録販売者も売れる。県内では08年度に2回試験があり、計1601人が受験して865人が合格した。高齢の売薬さんが苦戦している。

  • 大衆薬の通信販売規制(2009年02月06日 朝刊)

    厚生労働省は副作用の危険度順に、発毛剤やH2ブロッカー含有薬など「特にリスクが高い」第1類▽風邪薬や解熱鎮痛薬、漢方や生薬成分の伝統薬など「リスクが比較的高い」第2類▽ビタミン剤や整腸剤など「リスクが比較的低い」第3類——の三つに分類。1、2類については通信販売を禁止し、薬剤師や都道府県の試験に合格した登録販売者による対面販売に限る方針。

最新ニュース

写真・図版

93歳に必要量100倍のモルヒネ処方 容疑の医師と薬剤師書類送検(2022/6/29)

 必要量の100倍のモルヒネを高齢患者に処方して死亡させたなどとして、警視庁が、武蔵国分寺公園クリニック(東京都国分寺市)の40代女性医師と、クリニック近くにある調剤薬局の60代女性薬剤師の2人を業務…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】セカンドライフはまた東京で

    東京の台所2

  • 写真

    【&M】シンプルな「8ナンバー」

    ホビクル・オーバーランダーⅣ

  • 写真

    【&Travel】レトロ銭湯再生、挑む若者

    ニッポン銭湯風土記 京都

  • 写真

    【&M】ふわとろはどっち?

    国産うなぎ愛知と九州<PR>

  • 写真

    【&w】「嫌なことは嫌だと言っていい」

    性教育YouTuberシオリーヌさん<PR>

  • 写真

    好書好日メイクがなんとなく変……

    垢抜けるちょっとの知識紹介

  • 写真

    論座米連邦最高裁の“決断”

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンさまざまな状況下で活躍する

    ヨークのスニーカー

  • 写真

    Aging GracefullySHOW-YA寺田恵子さん

    「いま」と、これまでの歩み

  • 写真

    GLOBE+耳元で自動翻訳できる補聴器

    インテル元副社長の発明

  • 写真

    sippo老犬の看取りボランティア

    互いに高めあえる関係に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ