メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

薬物治療

関連キーワード

  • 遷延性意識障害(2014年04月07日 朝刊)

    日本脳神経外科学会の定義によると、自力で移動できない▽意思疎通できない——などの状態が3カ月以上続く障害を指す。外傷や脳卒中などで脳幹に重い障害を負ったことが原因となる。慢性化すると、自然回復する人は数%とされる。藤田保健衛生大の森田功医師は「脳内の一度傷ついた部分は癒えない。だが、家族が語りかけたり、電気治療や薬物治療をしたりして脳を活性化させると、脳の機能が回復することがある。時間をかけて様々なアプローチをすることが効果的だ」と話す。

  • オレンジプラン(2013年02月06日 朝刊)

    13〜17年度の認知症施策推進5カ年計画。これまでのケアの流れを変えるため、初期段階で看護師や保健師、作業療法士らが自宅を訪れ相談にのる「初期集中支援チーム」を地域包括支援センターなどに置く▽早期診断を担う医療機関を約500カ所整備▽不適切な薬物使用をなくすため、薬物治療の指針を策定する——など。

最新ニュース

写真・図版

医療用麻薬の米メーカー、破産を申請 過剰摂取が問題化(2019/9/17)

 医療用麻薬オピオイドの主要メーカーの一つのパーデューファーマが15日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請したと発表した。米国ではオピオイドの過剰摂取をきっかけとした薬物中毒が社会問題…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ