メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

血液検査

関連キーワード

  • メタボ健診(2009年07月30日 朝刊)

    正式には「特定健康診査・特定保健指導」。糖尿病や高血圧症など様々な生活習慣病をもたらすとされるメタボリック症候群を早期に発見し、膨らむ国の医療費を抑えるための医療費適正化計画の一環として導入された。腹囲や身長、体重などの測定、血液検査などを実施。生活習慣病の発症リスクの高さに応じて「動機付け支援」「積極的支援」の2グループに分け、保健師や管理栄養士らが食事や運動などを指導する。

  • 骨髄異形成症候群(2010年12月15日 朝刊)

    骨髄で血液細胞をつくる造血幹細胞に異常が起きる病気。放射線や抗がん剤などが原因とされ、血球や血小板の形や機能などに異常を起こす。高齢者の発症が多く、貧血などの症状があり、血液検査で見つかることが多い。患者の10〜40%が白血病に進行するとされる。今年、日本でも治療薬が処方できるようになった。

  • 妊婦健診(2011年05月14日 朝刊)

    母子の健康状態を確認するため、問診や血液検査、超音波検査などがある。費用は1回あたり数千〜1万円程度。医療保険の適用外で妊婦の自己負担となっていたため、国は少子化対策の柱として2007年度から5回分を無料化。08年度の第2次補正で14回分を公費負担するようにした。ただ、地方交付税の使い道は自治体が独自に決められるため、実際に健診に使われる額は自治体で異なる。市町村は妊婦に対し、「妊婦健康診査補助券(金券)」(1枚2500円)を発行。妊婦は診察代を補助券などで支払い、病院などは受け取った補助券で市町村に代金を請求する。

最新ニュース

写真・図版

ストレスで体からネギ臭? 皮膚から出る「疲労臭」とは(2019/6/16)有料記事

 緊張したり、疲れたりしたときに「体の臭いがいつもと違うな」と感じたことはないだろうか。ストレスや疲労で、皮膚から出ているガスの成分が変わることが分かり、研究や応用が進んでいる。暑くなり、体臭が気にな…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ