メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

血液製剤

関連キーワード

  • 薬害C型肝炎集団訴訟(2008年09月20日 朝刊)

    C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤を、出産時や手術時の止血剤として投与されて感染したとして、患者が国と製薬企業3社に損害賠償を求めた。02年10月の大阪、東京両地裁への提訴後、仙台を除く4地裁で原告勝訴の判決が相次いだ。大阪高裁は昨年11月に初の和解勧告を出し、福田首相は議員立法での救済を表明、今年1月に薬害肝炎救済法が成立した。原告団は国との和解後、製薬側との和解交渉を続けていた。

  • 薬害C型肝炎訴訟(2008年09月29日 朝刊)

    C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤を、出産や手術で止血剤として投与され感染したとして、患者が国と製薬企業に損害賠償を求め、02年10月から提訴。仙台を除く大阪、東京など4地裁で原告勝訴の判決が相次いだ。大阪高裁は昨年11月に初の和解勧告を出し、福田首相は議員立法での救済を表明。今年1月、投与が確認され国と和解した原告に4千万〜1200万円の給付金を支払うとした薬害肝炎救済法が成立した。原告は現在1千人を超え、和解したのは400人以上。原告らはさらに、約350万人とされる肝炎患者全体を対象に救済を図るため、肝炎対策基本法の制定を求めている。

  • C型肝炎の患者・感染者(2008年11月14日 夕刊)

    国内に推定約200万人。過去の輸血や血液製剤、不衛生な医療行為などが感染原因。検査の徹底で現在は新たな感染はほとんど起きていない。

最新ニュース

写真・図版

大阪には血が足りない? コロナ禍で減るイベント、長雨も追い打ち(2021/9/16)有料会員記事

 新型コロナウイルスの感染拡大で献血者が減っている。大阪では7月、暑さや雨で献血バスなどでの協力が得づらかったことも追い打ちになり400ミリリットル献血が計画量に対し約2千人分下回るなど大きく落ち込ん…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】愛おしい愛猫との思い出

    “よしよし”されていたんだ

  • 写真

    【&M】「自分の考え」を磨く

    本とどうつきあえばいいか

  • 写真

    【&Travel】冬の山陰、松葉ガニを堪能

    楽しいひとり温泉 鳥取・岩美

  • 写真

    【&M】鮮烈にカッコいい二輪

    小川フミオのモーターカー

  • 写真

    【&w】野村友里さん×UAさん対談

    年を重ねた今が楽しい

  • 写真

    好書好日日本で「移民」として生きる

    韓国出身のラッパーが語る思い

  • 写真

    論座がんに罹った医師と死の苦悩

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン古人の記憶を解凍する旅。

    下掛宝生流能楽師 安田 登

  • 写真

    Aging Gracefully最良のパートナーとは?

    人生の選択は十人十色

  • 写真

    GLOBE+メキシコシティ観光スポット

    歴史と今のつながりが見える

  • 写真

    sippo年をとってもかわいい愛猫

    老化の兆候を見逃さないために

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ