メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

行政代執行

関連キーワード

  • 行政代執行(2010年09月24日 夕刊)

    国や自治体などの行政機関の命令に従わない人に対し、その本人に代わって行政機関側が強制的に撤去や排除をすること。行政代執行法では、他の手段では実現困難で、それを放置することが「著しく公益に反する」と認められる場合に代執行できると定められている。代執行する場合、あらかじめ期限を定め、文書で戒告しなければならない。

  • 渋谷区立宮下公園(2015年07月10日 朝刊)

    開園は1953年。2011年には現在のスケートボード場などが整備された。整備を巡って区は09年、スポーツ用品メーカー「ナイキジャパン」に年間1700万円、10年契約で公園の命名権を売却する協定を結んだが、公園内で生活する人たちの排除につながるとしてホームレス支援団体などが反発。10年9月には、区が団体のテントを行政代執行によって撤去する事態に発展した。ナイキは自ら整備した公園を区に寄付したうえ、社名を含んだ名称を取り下げたが、命名権料は今も払い続けている。

  • 青森・岩手県境の産廃不法投棄(2017年09月09日 朝刊)

    八戸市と埼玉県内の産廃処理業者が国内各地から排出された廃プラスチックやセメント固形物、医療廃棄物、鶏ふんなどを両県をまたぐ原野に埋めるなどした国内最大規模の不法投棄事件。これを機に、国は処理費の財政措置を定めた特定産廃特措法を制定。業者はその後、解散・破産したため、行政代執行による撤去作業を強いられ、両県で計約700億円が投じられている。

最新ニュース

写真・図版

どうする老朽化マンションの「終活」 税金で解体も(2019/10/3)有料記事

 ずさんな管理のまま老朽化するマンションの「終活」が課題になっている。廃虚化して税金で解体されるマンションも出てきた。長く住めるか、廃虚になるか。その分かれ目とは。 琵琶湖の南岸にある滋賀県野洲(やす…[続きを読む]

行政代執行をコトバンクで調べる

  • ⇒代執行

    デジタル大辞泉の解説

  • → 代執行

    日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

  • 世界大百科事典 第2版の解説

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ