メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

行政処分

関連キーワード

  • 特商法に基づく行政処分(2008年07月10日 朝刊)

    違反行為によって、1年以下の業務停止命令か、改善指示を国か都道府県が言い渡し、業者名も公表される。07年度は、全国で過去最高の180件(前年度84件)あり、都道府県分がうち140件(同54件)を占めた。経済産業省は(1)隣接県で一斉調査するなど協力態勢が強化された(2)経産省が07年度に処分の判断基準を作った、などが急増の背景にあるとみている。

  • 改正道路交通法の要旨A(2008年07月27日 朝刊)

    後部座席のシートベルト着用を義務化。高速道路での違反は行政処分1点の罰則。75歳以上は高齢者運転標識「もみじマーク」の表示が義務化され、違反すれば反則金と行政処分1点。自転車は車道状況と年齢条件で歩道走行を明確化。13歳未満のヘルメット着用努力も求めた。

  • 消費者庁(2009年08月27日 夕刊)

    ガス瞬間湯沸かし器中毒事故や中国製冷凍ギョーザ事件などの製品・食品事故で、対応が後手に回った縦割り行政の反省から構想された。各省庁がバラバラに扱って起きる「たらい回し」や規制する法令のない「法のすき間」の解消を目指す。消費者行政の「司令塔」の役割が期待されている。特定商取引法や景品表示泡日本農林規格(JAS)法など生活に身近な29の法律を所管。自ら行政処分や指導をするほか、業界を監督する省庁の指導や処分が不十分なら、改善を求める措置要求や勧告ができる。

最新ニュース

(地球24時)中国、拘束の英国職員を釈放(2019/8/25)有料記事

 中国出張中に警察当局に拘束された在香港英国総領事館の男性職員が24日、釈放された。香港メディアなどが伝えた。職員はサイモン・チェン氏で、すでに香港に戻っているという。 香港メディアなどによると、チェ…[続きを読む]

行政処分をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ