メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

行政訴訟

関連キーワード

  • 柏崎刈羽原発の原子炉許可取り消しを求めた行政訴訟(2012年07月13日 朝刊)

    1号機の原子炉設置許可取り消しを求め、1979年に地域住民たちが当時の通商産業相を訴えた。1、2審で「国の安全審査に不合理な点はない」との判決が出て、上告。その後の2007年に中越沖地震が起きて同原発が被災し、3千カ所以上が壊れるなどしたため、原告側は口頭弁論を開くよう求めたが、最高裁は同地震の発生は「判断を左右するものではない」として、09年に上告を棄却。住民側の敗訴が決まった。

  • 朝日訴訟(2009年05月03日 朝刊)

    岡山県の療養所に重症の結核患者として入院していた朝日茂さん(当時44)が1957年、生活保護費が少なすぎて必要な栄養すらとれず「健康で文化的な最低限度の生活を営む」には不十分だとして、国に改善を求めて起こした行政訴訟。60年の東京地裁判決は全面勝訴したが、3年後の控訴審では敗訴。上告後、朝日さんが亡くなる直前、支援者の健二さん夫妻が養子になり、訴訟を引き継いだが、最高裁は継承を認めず67年に上告を退けた。一連の訴訟は大きな社会的関心を呼び、「人間裁判」と称された。その後の日本の社会保障制度のあり方にも多大な影響を与えた。

  • もんじゅの事故と経過(2010年04月16日 朝刊)

    もんじゅは1994年に初臨界。翌95年12月、原子炉の出力上昇中に配管から冷却材のナトリウムが漏れ、火災が発生した。原因は配管内の温度計のさや管が設計ミスで折れたためだった。住民らが原子炉の設置許可無効を求めた行政訴訟は、2003年の高裁判決で原告側が勝訴したものの、05年5月の最高裁判決で一転敗訴が確定。同9月に運転再開に向けた改造工事が始まり、07年に完了した。しかし、その後もナトリウム漏れ検出器の誤警報や自治体への通報遅れなどが続発し、運転再開が延期されていた。

最新ニュース

写真・図版

強制不妊「責任認めて」 札幌地裁で初弁論、傍聴配慮も(2018/9/29)

 人生を狂わされる被害者を出さないためにも国は謝罪を――。旧優生保護法のもと不妊手術を強制されたとして、全国で初めて実名を公表して国を提訴した小島喜久夫さん(77)=札幌市=の訴訟が28日、札幌地裁で…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】本人だと気づかない靴の臭い

    靴脱臭機でリフレッシュ

  • 写真

    【&TRAVEL】パキスタンと中国の国境へ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】まずは気軽に体験しよう

    キャンプ車レンタルの注意点

  • 写真

    【&w】好きな家事は何?

    木村文乃さんに10の質問

  • 写真

    好書好日橋本愛さん、原作への愛

    映画「ここは退屈迎えに来て」

  • 写真

    WEBRONZAハズキルーペのCMを分析

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン未知の国・ポーランドの旅

    歴史あるホテルに泊まってみた

  • 写真

    T JAPANチャリティオークション開催

    坂本龍一のサイン入り新譜も!

  • 写真

    GLOBE+なぜ私は紛争地に行くのか

    MSF看護師、白川優子さん

  • 写真

    sippo道で野良の子猫を見かけた…

    放置できない、どうする?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ