メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

袖ケ浦市

関連キーワード

  • 袖ケ浦暴行死事件(2014年08月08日 朝刊)

    県袖ケ浦福祉センター(袖ケ浦市)内の養育園で、入所者の少年(当時19)が2013年11月24日に、職員から腹部を数回蹴られ同26日に死亡、刑事事件に発展した。県は14年1月から、弁護士や専門家による第三者検証委員会を開催。3月の中間報告で、13年度までの10年間にセンターで暴行した職員は15人、虐待を受けた利用者は23人いたことが判明した。事件は意思表示ができない人を狙った「意図的で陰湿」な暴行と断定。組織の閉鎖性も指摘し、改善を求めた。

  • 袖ケ浦の入所者死亡事件(2015年03月05日 朝刊)

    県袖ケ浦福祉センター(袖ケ浦市)内の養育園で入所者の少年が2013年11月24日に、職員から腹部を数回蹴られ、同26日に死亡した。県警は昨年3月、行方孝美被告を傷害致死容疑で逮捕、千葉地検が同罪で起訴した。県警はこのほか、入所者に虐待をしていたなどとして、行方被告を含む元職員ら9人を暴行や傷害容疑で書類送検したが、千葉地検は全員を不起訴処分とした。

  • 養育園の入所者死亡事件(2015年03月21日 朝刊)

    県袖ケ浦福祉センター(袖ケ浦市)内の養育園で入所者の少年が死亡した事件で、県警は昨年3月、行方孝美被告を傷害致死容疑で逮捕、千葉地検が同罪で起訴した。県警はこのほか、入所者に虐待をしていたなどとして、行方被告を含む元職員ら9人を暴行や傷害容疑で書類送検したが、千葉地検は全員を不起訴処分とした。県は昨年1月、第三者検証委員会を設置。同8月に最終報告が出た。報告では2013年度までの10年間で、利用者の23人に、15人の職員が暴行や性的、心理的虐待を行ったと認定。職員の支援スキルの不十分さや人員配置、チェック体制の不備などを指摘した。

最新ニュース

写真・図版

Around Tokyo(2019/10/11)有料記事

 ■フィンランド体感@渋谷 フィンランド西海岸の美しい自然やデザインのある暮らしを写真やテーブルセッティングで見せる「Annaliisa-Kukkaketo(アンナリーサ クッカケト)展」が13日午後…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ