メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

被爆者援護法

関連キーワード

  • 被爆者援護法(2011年06月02日 朝刊)

    1995年7月に施行された。広島、長崎両市か都道府県へ申請し、被爆者として認められると健康手帳が交付され、健康管理手当などの手当や自己負担分の医療費が支給される。厚労省によると、国内の被爆者は約22万7千人、在外被爆者は約4千人(昨年3月時点)。

  • 被爆者援護法にもとづく医療費支給(2015年06月18日 朝刊)

    被爆者健康手帳を持つ人に医療費の自己負担分を支給する制度。対象は国内の被爆者(昨年3月時点で18万8279人)で、海外で暮らす被爆者3037人には法の枠外で助成されている。国は2014年度から(1)年間の助成上限を約18万円から30万円に引き上げる(2)上限を超えても、診療内容などが書かれた書類が提出されれば一定の額を助成する——措置をとっている。

  • 被爆者援護法と被爆種別(2019年08月23日 朝刊)

    同法第1条は、被爆者健康手帳を交付する被爆者の種別を四つに分類している。1号=原爆投下時に広島市か長崎市の規定区域内にいた人(直接被爆)▽2号=原爆投下後一定期間内に規定区域内に入った人(入市被爆)▽3号=原爆投下後、身体に原爆放射能の影響を受ける事情にあった人(救護被爆)▽4号=1〜3号該当者の胎児だった人(胎内被爆)。今年3月末現在の各号の被爆者数は、1号9万923人▽2号3万1733人▽3号1万6209人▽4号6979人。

最新ニュース

写真・図版

平和大通り、歩いて学ぶ にぎわいと慰霊の共存(2020/10/4)

 広島市中心部を東西に貫く大動脈で、広島の復興の象徴でもある平和大通りについて、歩きながら学ぶ催しが3日あった。民間事業者のノウハウを活用してにぎわいづくりを進めようとする市の計画に懸念を抱く市民たち…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】教室のデジタル機器利用率

    トップのデンマークの実情

  • 写真

    【&TRAVEL】連ドラ「あまちゃん」の舞台

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&TRAVEL】今度は堂々とした立ち姿

    永瀬正敏が撮った台湾

  • 写真

    【&M】カレーと音楽が楽しめる 

    フォレスター(東京・中目黒)

  • 写真

    【&w】秋ですよ!きのこのピラフ

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日メンタル不調、回復する近道

    伊藤絵美さんの「セルフケア」

  • 写真

    論座オスプレイの脅威は続く

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい歌詞とは何なのか?

    心に響きつづける応援歌

  • 写真

    T JAPANエンタメ界のダイバーシティ

    障がいのある表現者が望むこと

  • 写真

    GLOBE+#MeTooで起きた変化

    キム・ジヨン著者インタビュー

  • 写真

    sippoオヤツをくれるまで諦めない

    猫よ、その根気を娘に教えて

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ