メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

被爆者

関連キーワード

  • 被爆者(2014年09月02日 朝刊)

    原子爆弾によって被害を受けた人のことで、国は被爆者援護法に基づき被爆者健康手帳を支給している。所持者はピーク時の1981年3月末で37万2264人から今年3月末で19万2719人まで減少。県内の被爆者は460人。原爆の放射線によってがんや白血病などにかかるケースが増え、国は一定の要件を満たす場合を「原爆症」として認める、としている。

  • 沖縄の被爆者と救済策の遅れ(2008年08月08日 朝刊)

    本土では57年に原爆医療泡68年に被爆者特別措置法が施行(94年に被爆者援護法に統合)され、年2回の健康診断や国の医療費全額負担などの救済策がとられた。沖縄では66年12月に原爆医療法が準用されるなどしたが、それまでは医療費は自己負担になるなど、本土復帰する72年まで救済の遅れが続いた。沖縄県によると、08年7月現在、沖縄の被爆者は245人で、平均年齢は78.2歳。原爆症認定者数は13人で、1人が申請中。

  • 救護被爆者(2009年03月25日 夕刊)

    被爆者援護法は第1条3号で「身体に原子爆弾の放射能の影響を受けるような事情の下にあった者」として、広島の場合、爆心地から約2キロ以遠で被爆者を救護・看護したり、遺体を処理したりした人を被爆者と認めている。被爆者には被爆者健康手帳が交付され、特定の疾病がある場合は月3万3800円の健康管理手当が受給できる。08年3月末現在、約24万人いる被爆者健康手帳を所持する人のうち、救護被爆者は約2万5千人。

最新ニュース

写真・図版

「日本 条約に参加を」 県原水協 政府の姿勢批判(2020/10/27)

 核兵器禁止条約の批准国・地域が発効に必要な50に達したのを受け、原水爆禁止広島県協議会(県原水協)などは26日、日本政府の条約批准を求めて街頭で声を上げた。広島電鉄の本通駅前(広島市中区)に約70人…[続きを読む]

被爆者をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】教室のデジタル機器利用率

    トップのデンマークの実情

  • 写真

    【&TRAVEL】沖縄離島路線バスの旅完結!

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&TRAVEL】海と空は無限 伊豆の絶景宿

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】カレーと音楽が楽しめる 

    フォレスター(東京・中目黒)

  • 写真

    【&w】秋ですよ!きのこのピラフ

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日メンタル不調、回復する近道

    伊藤絵美さんの「セルフケア」

  • 写真

    論座オスプレイの脅威は続く

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい歌詞とは何なのか?

    心に響きつづける応援歌

  • 写真

    T JAPANエンタメ界のダイバーシティ

    障がいのある表現者が望むこと

  • 写真

    GLOBE+#MeTooで起きた変化

    キム・ジヨン著者インタビュー

  • 写真

    sippoオヤツをくれるまで諦めない

    猫よ、その根気を娘に教えて

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ