メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

裁判員制度

関連キーワード

  • 裁判員制度(2019年11月20日 朝刊)

    市民参加で司法をより良いものにしようと2009年5月に始まった。対象となるのは、被告が殺人、傷害致死、現住建造物等放火といった重い罪に問われている刑事裁判。20歳以上の有権者からくじで選ばれた数十人が選任手続きに呼ばれ、最終的に裁判員6人とプロの裁判官3人が審理に当たる。

増え続ける負担どうする? 裁判員制度5年、5万人参加(2014/5/21)

 刑事裁判の審理に市民が参加する裁判員制度が21日、施行から5年を迎える。これまでに5万人近い市民が参加した。裁判員の負担が増え続けていることへの対策が今後の課題で、審理に極めて長い期間がかかる「超長期裁判」を対象事件から外すことも議論されている。[全文を読む]

PR情報

ニュース一覧

PR注目情報

注目コンテンツ