メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

装飾品

関連キーワード

  • ガラス管玉(2009年05月03日 朝刊)

    吉野ケ里町で89年3月に出土、91年6月に国の重要文化財に指定された。弥生中期のもので、成人の墓の中で銅剣と共に見付かった。長さ数センチのストロー状のガラス46点が、縦横に格子状に編み込まれていたと考えられている。当時の首長の装飾品で、頭か胸のどちらかに身につけていたとみられる。

  • 巴形銅器(2009年11月27日 夕刊)

    円形の胴体からつめのような複数の脚が放射状に生えた青銅器。弥生時代後期から古墳時代中期にかけてみられ、弥生時代の有力者の墓から副葬品としても見つかっている。古墳時代のものは木盾につけた装飾品とみられている。独特の形が何を模したかについては、南海産貝のスイジガイの外形、ゴホウラという貝の断面模様、太陽など諸説ある。権威の象徴のほか、邪悪なものを払う性格も指摘されている。

  • 沖ノ島(2010年08月27日 夕刊)

    九州島の北西約60キロにある。周囲4キロの島全体が宗像大社沖津宮の境内で、一木一草一石たりとも持ち出し禁止、女人禁制などの禁忌を守り、神職1人が交代で常駐する。4〜10世紀の祭祀(さいし)遺跡は朝鮮半島や大陸の装飾品が出土し「海の正倉益と呼ばれる国指定史跡。2009年、「沖ノ島と関連遺産群」が世界遺産の暫定リストに記載された。小屋島などの岩礁とともに海鳥の集団繁殖地で国指定鳥獣保護区。植生は「沖の島原始林」として国の天然記念物。

最新ニュース

皇位継承で日本はどこへ? 姜尚中氏と皇居を歩く(2019/4/18)

ナショナリズムを考える旅へ 日本のナショナリズムを考える旅を始めたい。 ここで言うナショナリズムとは、排他的なものではない。定義が難しい言葉だが、「国家」や「国民」としてのまとまりの追求、ぐらいに考え…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】大自然とアートを楽しむ

    圧巻のロックアート

  • 写真

    【&TRAVEL】大型10連休の渋滞傾向は?

    渋滞予測のプロに聞いた

  • 写真

    【&M】全国の郷土料理をランチで

    d47食堂(東京・渋谷)

  • 写真

    【&w】ついにオオゼキ様からご招待

    クリトモのさかな道

  • 写真

    好書好日働く人だけが「社会人」?

    山崎ナオコーラさんの問いかけ

  • 写真

    論座北朝鮮はポンペオを嫌った

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンバナリパの春の休日スタイル

    大盛況のイベント風景を紹介

  • 写真

    T JAPAN連載・私的な旅遺産 第5回

    イングリッシュ・サマーの旅

  • 写真

    GLOBE+黒人で、女性。二重の壁

    南アフリカのワイン醸造家

  • 写真

    sippo保護された元繁殖犬

    初めて人のぬくもりを知る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ