メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

西側諸国

関連キーワード

  • チャウシェスク元大統領(2011年04月26日 朝刊)

    1965年にルーマニア共産党のトップとして権力を掌握し、74年に初代大統領に就任。ソ連と距離を置く独自の社会主義路線で、当初は西側諸国に歓迎されたが、しだいに独裁色を強めた。人口を増やすため妊娠中絶や離婚を原則禁じ、秘密警察による恐怖政治を敷いた。巨費を投じて巨大宮殿「国民の館」を建設する一方、対外債務返済のため極端な輸出政策をとり、日々の食料や燃料にも事欠くようになった。89年12月、反政府デモが全土に広がり、武力弾圧で多数の市民が犠牲に。逃亡を企てて捕らえられたチャウシェスク氏は、エレナ夫人と共に軍事裁判の末に銃殺された。

  • ケインズ政策(2015年12月03日 朝刊)

    英国の経済学者ジョン・メイナード・ケインズ(1883〜1946)が唱えた。不況のときに、政府が積極的にお金を使って失業を減らし、景気をよくしようという政策。第2次大戦後、西側諸国が福祉国家を建設する理論的な支えとなった。高橋是清はこれを先取りした。

  • モスクワ五輪(2016年06月26日 朝刊)

    1980年開催の夏季大会。東西冷戦下、ソ連によるアフガニスタン侵攻に抗議し、米国など西側諸国がボイコット。日本も参加せず、柔道の山下泰裕らは「幻の代表」に。4年後のロサンゼルス五輪では、ソ連や東欧諸国が報復的にボイコットした。

最新ニュース

(時事小言)対中警戒打ち出したG7 協調が招く、世界の分断 藤原帰一(2021/6/16)会員記事

 バイデン政権の下で世界の先進諸国は対中強硬策を共有しようとしている。中国台頭を前にしたこの選択は合理的で、必要でさえあるが、もたらす結果は米中対立を軸とした長期的な世界の分断である。矛盾に満ちた国際…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】ライジングサンの後の朝日

    UAと浅井健一「AJICO」

  • 写真

    【&M】オダギリの姿に震えた永瀬

    軽い会話は出来ない現場

  • 写真

    【&Travel】イランで食べた熱々のナン

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】1000円台で食べられるフレンチ

    食通シェフが通う店

  • 写真

    【&w】デザイナー高田賢三の回顧展

    コロナで死去 作品振り返る

  • 写真

    好書好日眠りに誘うデンマークの絵本

    シュッカと一緒にリラックス

  • 写真

    論座安全第一の規範が変わった!

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンF/CEのTシャツがスゴイ

    機能性Tシャツ(其の2)

  • 写真

    Aging Gracefully髪の根もとのお悩みを解消

    セルフメンテでステキなヘアに

  • 写真

    GLOBE+コロナのワクチン接種

    仕事で備えるべき5カ条

  • 写真

    sippo猫の介護を機に動物看護師に

    飼い主と猫の為スキル磨く日々

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ