メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

西尾市

関連キーワード

  • カワバタモロコ(2009年10月14日 夕刊)

    コイ目コイ科。静岡県から岡山平野や、四国の瀬戸内側、九州北西部に生息する。体長3〜6センチ。5〜7月に産卵する。この時期、オスは鮮やかな黄金色に光る。生息数は激減しており、環境省のレッドデータブックで、絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」に分類される。愛知県豊田市と西尾市は天然記念物に指定している。

  • 地震で想定される火災(2012年06月05日 朝刊)

    国の中央防災会議によると、東南海・南海地震が発生すると、東海4県では21万4700棟が全焼し、死者は計1600人を上回るとされる。内陸を震源とする地震でも愛知県豊田市から西尾市に延びる猿投—高浜断層などで地震が発生した場合に火災による大きな被害が想定される。

  • いじめを苦にした大河内清輝君の自殺(2012年08月08日 朝刊)

    1994年11月27日、愛知県西尾市の中学2年生、大河内清輝君(当時13)が自殺した。数日後、自宅の清輝君の机の引き出しから、便箋(びんせん)4枚につづられた遺書が見つかった。遺書のなかで清輝君は、中学1年の2学期ごろから、同級生4人から川に沈めるなど暴力のいじめを受け、遊ぶためのお金を持ってくるよう脅されていたことを告白。清輝君が4人に渡したお金は100万円を超えていた。遺書には「このごろになってどんどんいじめがハードになり(中略)もう、たまりません」「もっと生きたかったけど……。家にいるときがいちばんたのしかった」などとつづられていた。

最新ニュース

写真・図版

入試改革で変わる英語、「臆せずにしゃべる」ためには(2019/4/18)有料記事

■教育ひろば 2020年度に始まる新しい大学入試で大きく変わるのは英語だ。「話す力」も問われることになり、国は英検などの民間試験を活用する方針。「臆せずに英語がしゃべれる」を目指す教育の現場を訪ねた。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】魅力的なヘタウマ

    へそまがり日本美術開催中

  • 写真

    【&TRAVEL】日本のしょうゆ発祥の地へ

    和歌山の食を訪ねて

  • 写真

    【&M】ポップとディープを往来!

    あいみょんのバランス感覚

  • 写真

    【&w】ポジティブに生きられる空間

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日還暦迎えた、みうらじゅん

    「マイ遺品セレクション」刊行

  • 写真

    論座本庶さん特許の対価で怒る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    ドイツワインおすすめの一本

  • 写真

    T JAPAN前衛作家、白髪一雄の個展ほか

    いま観るべき展覧会3選

  • 写真

    GLOBE+千人にたった2台

    有数の「車を持ちづらい国」

  • 写真

    sippo人懐っこい秋田犬の恩返し

    お年寄りの保護に一役

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ