メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

西成区

関連キーワード

  • 釜ケ崎(2010年05月01日 夕刊)

    大阪市西成区にある日雇い労働者らが集う国内最大規模の街。長年、土木・建設現場に働き手を送り出してきた。高齢化が進んだうえ、最近は不況で求人が激減。路上生活者や生活保護受給者が増えている。

  • 釜ケ崎芸術大学(2013年03月29日 夕刊)

    上田さんが代表を務めるアートNPO法人「こえとことばとこころの部屋」(ココルーム)の活動として、日雇い労働者のまち、大阪市西成区の釜ケ崎(あいりん地区)で昨年11月から今年2月まで開催。美術家の森村泰昌さんや哲学者、天文学者ら多彩な講師を招き、42コマの授業を開いた。労働者やホームレスら延べ約570人が授業を受けた。ココルームは2003年、大阪市の新世界を拠点に結成。ホームレスの表現活動支援などを手がけてきた。04年にNPO法人となり、08年に事務所を隣まちの釜ケ崎に移した。

  • 釜ケ崎(2017年08月29日 朝刊)

    大阪市西成区にあり、「あいりん地区」とも呼ばれる。高度経済成長期に多くの日雇い労働者が集まり、3畳一間の簡易宿泊所(ドヤ)と土木・建設現場を行き来した。日雇いの求職者と手配師が集まる「寄せ場」は東京・山谷、横浜・寿町も知られ、釜ケ崎は国内最大規模の街だった。近年は、仕事が減って路上生活者や生活保護受給者が増え、住人の高齢化も進んでいる。簡易宿泊所は廃業したり、生活保護受給者向けのアパートに衣替えしたりする一方、外国人観光客を呼び込んでいる施設もある。

最新ニュース

写真・図版

東京・浅草の「靴作りの学校」 移転して再始動へ(2021/4/5)

 靴作りの学校として東京・浅草で半世紀近い歴史を刻み、昨年に休校した「エスペランサ靴学院」が4月10日、大阪市浪速区で再開する。尽力したのは卒業生の靴デザイナー、大山一哲さん(48)。「アフターコロナ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】ドイツの魅力をお届け

    4月23日オンラインイベント

  • 写真

    【&TRAVEL】心に残る“絶景レストラン”

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】試写会プレゼント

    吉永小百合『いのちの停車場』

  • 写真

    【&w】距離0メートルの旅

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日呪術廻戦の両面宿儺とは?

    考古学で読み解く怪人の正体

  • 写真

    論座車いす問題はJRの努力不足

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン編集長の見立て #42

    改めて見直すゴルフの魅力

  • 写真

    Aging Gracefully特別養子縁組、学び直しetc.

    新たなアクションを起こす

  • 写真

    GLOBE+シュクメルリの正体

    人気ジョージア料理の秘密

  • 写真

    sippo触られることも拒んだ老犬

    心通わせ笑顔で22年生きた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ