メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

規制改革会議

関連キーワード

  • 小泉内閣での医療の規制緩和(2009年05月29日 朝刊)

    規制改革・民間開放推進会議(現在の規制改革会議の前身)が2004年8月に混合診療の解禁を求めた。混合診療は保険診療と保険外診療を併用することだ。厚生労働省は高度先進医療や差額ベッドなどに限って併用を例外的に認め、それ以外は禁止していた。そのため未承認の薬や医療機器などが用いられれば、本来は保険診療の対象となる検査や診拶入院費なども保険請求できない。同会議はこの規制を撤廃するよう主張した。2004年12月に厚労相と規制改革担当相が保険診療と保険外診療を併用する範囲を広げることで合意。その際、「必要かつ適切な医療は基本的に保険診療により確保する」ことが確認された。先進医療を保険診療にするかどうかは、技術の有効性や安全性だけでなく、普及の度合いや、技術的な成熟度なども考慮しながら決定される。

  • 規制改革(2009年09月11日 朝刊)

    自民党政権では規制改革・民間開放推進会議(04〜07年)、規制改革会議(07年〜)など財界や学者らを活用した政府の専門委員会が規制改革を議論。特に小泉政権は「規制改革による経済成長」を目指した。安倍政権以降は「規制改革悪玉論」がわき起こり、規制改革は停滞。民主党は今回の総選挙に当たり、「現行の事業規制はすべてゼロベースで見直す」とうたっている。

  • 解雇規制の緩和論議(2013年04月24日 朝刊)

    労働契約法16条では、解雇に「客観的に合理的な理由」を求めており、仕事をする能力の欠如や重大な規律違反などの合理的な理由がないと解雇できない。3月の産業競争力会議では民間議員が「解雇自由の原則を労働契約法にも明記すべきだ」と提案。再就職支援金とセットでの解雇などを含め解雇ルールの合理化・明確化を求めた。規制改革会議では、裁判などで不当な解雇と判断された場合、企業が事後的に金銭を支払って解決する案が出た。

最新ニュース

美容師国家試験、見直しへ 60年代のパーマ実技「時代に即してない」(2022/1/14)会員記事

 厚生労働省の専門家による検討会は13日、美容師の国家試験科目を見直す議論を始めた。試験では、1960年代に流行したが、今はほとんど見られないパーマの実技がある一方、近年人気の「まつ毛エクステンション…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「言葉」が築く2人の強さ

    テニス・青山修子&柴原瑛菜

  • 写真

    【&Travel】崖下に広がる静かな世界

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&Travel】古代の色に思いをはせる

    奈良・橿原と明日香の旅

  • 写真

    【&M】ベース車として魅力的に進化

    「「ハイゼット カーゴ」

  • 写真

    【&w】明るい笑顔が消えた母に

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日冒険家がひらいた書店の魅力

    試行錯誤の営み伝える本たち

  • 写真

    論座プラットフォーム監視は責務

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンプンターレベルトが人気! 

    トレンディーに見せるテクは!

  • 写真

    Aging Gracefully仕事をしながら旅を楽しむ

    注目のワーケーション<PR>

  • 写真

    GLOBE+ネパールに通い続ける美容師

    目指すは峠の向こう

  • 写真

    sippo覚醒した姉に育てられた子猫

    面倒見のいい姉弟猫に成長

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ