メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

視覚障害者

関連キーワード

  • 視覚障害者柔道(2014年08月27日 朝刊)

    1931年、京都府立盲学校で体操科の一つとして採り入れられた。両者が組んだ状態で、審判が「はじめ」と合図する。両者の両手が離れると、審判から「待て」がかかり、中断して畳の中央に戻る。場外が近づくと審判が「場外、場外」と声を出して知らせる。視力によるクラス分けはなく、健常者と同じ体重別で分かれる。階級は男子が60、66、73、81、90、100、100キロ超の七つ。女子は48、52、57、63、70、70キロ超の六つ。

  • 視覚障害者とあん摩マッサージ指圧師業(2017年08月06日 朝刊)

    視覚障害者の「適職」として定着したのは江戸時代とされる。厚生労働省によると、現在の従事者は約11万3千人(2014年現在)で、うち視覚障害者はおよそ2割に当たる約2万6千人。資格を得られる施設は全国で計83あり、定員は計約2700人。このうち視覚障害のない人の受け入れ施設は21で定員は計1200人となっている。

  • 視覚障害者とあん摩マッサージ指圧師業(2017年08月06日 朝刊)

    視覚障害者の「適職」として定着したのは江戸時代とされる。日本盲教育史研究会の岸博実事務局長によると、5代将軍徳川綱吉をみた鍼(はり)師の杉山和一が1682年、視覚障害者に鍼灸・あん摩を教える施設を開いたのが契機という。厚生労働省によると、現在の従事者は約11万3千人(2014年現在)で、うち視覚障害者はおよそ2割に当たる約2万6千人。割合が低いのは、養成施設の定員数と比べ学生数が少ないことや合格率の低さが要因とされている。資格を得られる施設は全国で計83あり、定員は計約2700人。このうち視覚障害のない人の受け入れ施設は21で定員は計1200人となっている。

最新ニュース

写真・図版

オリ・パラのメダリスト2人、糸島市が特別功労者表彰(2021/10/21)

 福岡県糸島市は18日、東京五輪のバスケットボール女子日本代表チームで銀メダルを獲得した林咲希選手と、パラリンピックの視覚障害者柔道66キロ級で銅メダルを得た瀬戸勇次郎選手=ともに同市出身=を特別功労…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】犬が見つけるトリュフ狩り

    欧州おいしい旅

  • 写真

    【&w】多様性の街・ニューヨーク

    久保純子 LIFE in N.Y.

  • 写真

    【&Travel】広い空と海、波の音

    越後寒川駅と府屋駅

  • 写真

    【&M】熱量を感じさせるデザイン

    メルセデスAMG

  • 写真

    【&w】「シェア」がつくる未来

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日「猫が30歳まで生きる日」

    創薬に挑む宮崎徹教授が語る

  • 写真

    論座鈴木剛全国ユニオン会長・下

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンランズエンドのジャケット

    ビジネスからレジャーまで

  • 写真

    Aging Gracefully“コロナ太り”にもの申す!

    持続可能な体づくりとは

  • 写真

    GLOBE+黒人の若者が抱えるトラウマ

    負の連鎖から救い出す

  • 写真

    sippo愛猫に贈った爪研ぎ

    外猫の幸せを願った商品だった

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ