メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

視覚障害者

関連キーワード

  • 視覚障害者柔道(2014年08月27日 朝刊)

    1931年、京都府立盲学校で体操科の一つとして採り入れられた。両者が組んだ状態で、審判が「はじめ」と合図する。両者の両手が離れると、審判から「待て」がかかり、中断して畳の中央に戻る。場外が近づくと審判が「場外、場外」と声を出して知らせる。視力によるクラス分けはなく、健常者と同じ体重別で分かれる。階級は男子が60、66、73、81、90、100、100キロ超の七つ。女子は48、52、57、63、70、70キロ超の六つ。

  • 視覚障害者とあん摩マッサージ指圧師業(2017年08月06日 朝刊)

    視覚障害者の「適職」として定着したのは江戸時代とされる。厚生労働省によると、現在の従事者は約11万3千人(2014年現在)で、うち視覚障害者はおよそ2割に当たる約2万6千人。資格を得られる施設は全国で計83あり、定員は計約2700人。このうち視覚障害のない人の受け入れ施設は21で定員は計1200人となっている。

  • 視覚障害者とあん摩マッサージ指圧師業(2017年08月06日 朝刊)

    視覚障害者の「適職」として定着したのは江戸時代とされる。日本盲教育史研究会の岸博実事務局長によると、5代将軍徳川綱吉をみた鍼(はり)師の杉山和一が1682年、視覚障害者に鍼灸・あん摩を教える施設を開いたのが契機という。厚生労働省によると、現在の従事者は約11万3千人(2014年現在)で、うち視覚障害者はおよそ2割に当たる約2万6千人。割合が低いのは、養成施設の定員数と比べ学生数が少ないことや合格率の低さが要因とされている。資格を得られる施設は全国で計83あり、定員は計約2700人。このうち視覚障害のない人の受け入れ施設は21で定員は計1200人となっている。

最新ニュース

写真・図版

青春ドタバタ劇、字幕や音声ガイド付き 千葉流山で来月(2020/10/20)

 会場に音声ガイドをつけたり、字幕を表示したりするなど、目や耳が不自由な人、車いすの人も楽しめる無料の「バリアフリー演劇鑑賞会」が11月15日、流山市文化会館ホールで開かれる。県立野田中央高校演劇部員…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&M】コンパクトながら「大きい」

    キャンピングカーの新星!

  • 写真

    【&TRAVEL】連ドラ「あまちゃん」の舞台

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】ライバルを誉めよう!

    スクエニ吉田氏が尊敬する競合

  • 写真

    【&w】母の料理が大嫌いだった

    東京の台所2

  • 写真

    好書好日アニマルシェルターの役割は

    人気漫画で知る動物保護

  • 写真

    論座再びの大阪住民投票

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンモダンなグリーンのバッグで

    秋冬の装いにアクセントを。

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+三密回避の旅行に最適

    登山と紅葉を同時に楽しむ

  • 写真

    sippo譲渡会で出会った3本足の猫

    運命を感じてうちの子に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ