メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

親中派

関連キーワード

  • 香港行政長官選挙の制度改革(2014年10月22日 朝刊)

    英国の植民地だった香港は、1997年の中国返還後も「一国二制度」の下で50年間は「高度な自治」を保障された。行政長官の選出について、憲法にあたる基本法は「広範な代表性を持つ委員会が民主的手続きで指名した後、普通選挙で選ぶ」ことを最終目標とした。前回選挙は「選挙委員会」の1200人だけが投票できたが、基本法の解釈権を持つ中国の全国人民代表大会常務委員会は8月、香港政府の報告に基づき、2017年選挙で18歳以上の市民が1人1票で投票する仕組みを決定。だが、中国側の決定は、親中派が多数を占めるとみられる指名委員会が候補者を2〜3人に絞るため、民主派は「民主派を排除するものだ」と反発し、決定の撤回などを求めてきた。

  • 香港行政長官(2012年03月20日 朝刊)

    香港政府の指導や法律・予算案への署名、高官の指名、裁判官の任免などの権限を持つ。任期は5年で1度だけ再選可能。政財界や教育、農漁業など団体ごとに選ばれた選挙委員計1200人による投票で過半数を得た候補が、中国政府に任命される。過去の行政長官選は1、2回目が無投票、3回目は曽蔭権・現長官が民主派候補に圧勝と、すべて親中派候補が勝利した。2017年の次回選挙からは直接選挙となる見通し。

  • 香港立法会選挙(2016年09月03日 朝刊)

    4年に一度実施される。定数70の半分を5選挙区の住民による直接選挙で、残り半分を業界団体などからの職能枠で選ぶ。登録有権者は約378万人。現在は親中派が約6割の43議席で優勢だが、民主派も重要な法案を否決できる3分の1以上の27議席を確保している。

最新ニュース

写真・図版

香港長官、強硬姿勢を転換 親中派・経済界の異論受け 逃亡犯条例改正「先送り」(2019/6/16)有料記事

 香港社会を揺るがした「逃亡犯条例」改正案について、香港政府は15日、「先送り」を表明した。強気を貫いてきた林鄭月娥行政長官だが、身内からもいさめる声が出て方針転換に追い込まれた。国際社会の注目が集ま…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ