メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

訪問介護

関連キーワード

  • 重度訪問介護(2016年05月01日 朝刊)

    障害者総合支援法による制度で、重度の障害(区分4以上)があり常に介護を必要とする人を対象に、入浴や排泄(はいせつ)、食事などの介護、調理、洗濯や掃除など生活全般にわたる援助、外出時の介護などを総合的に行う。サービスを受ける時間は自治体が決定する。利用者の自己負担(所得額に応じて減免)以外の費用は国や自治体が負担する。

  • 夜間対応型訪問介護(2009年04月11日 夕刊)

    06年4月の介護保険法改正で、要介護者が住み慣れた場所で暮らせるように導入された「地域密着型サービス」の一つ。定期巡回と通報による随時対応のサービスがあり、利用者は携帯端末などでオペレーションセンターに連絡が取れるようになっているのが一般的だ。これまでは最長で午後6時から翌朝8時までの対応しか介護保険の対象とならなかったが、昼間も通報を受けて対応することが少なくないため、今年4月の介護報酬改定で、日中の対応も介護保険が適用可能となった。

  • 重度訪問介護サービス(2011年09月28日 朝刊)

    障害者自立支援法に基づいて行政から提供される介護給付の一つ。介護を必要とする重度の身体障害者に対し、ヘルパーが自宅で入浴や排泄(はいせつ)、食事の介助、外出時の移動支援などをする。サービスの提供時間は自治体が障害の程度などに応じて決めている。

最新ニュース

写真・図版

子への大胆投資…でも保育現場はひずみ 新3本の矢って(2019/6/20)有料記事

 経済成長で得た税収などで子育て・介護支援を強化し、「1億総活躍社会」を実現する――。そんな旗を掲げ、アベノミクスは2015年から「第2ステージ」に入った。少子高齢化に伴う現役世代の急減を前に、社会保…[続きを読む]

訪問介護をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ