メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

訪日外国人客

最新ニュース

関連キーワード

  • 訪日外国人客(2019年07月20日 朝刊)

    日本政府観光局のまとめでは、2018年に日本を訪れた外国人客数は約3119万人で過去最多。国・地域別では中国が26.9%を占め、韓国の24.2%、台湾の15.3%と続く。アジア客が8割を超える。今年の1〜6月は前年同期比4.6%増の約1663万人。東日本大震災の影響で11年は落ち込んだが、以降は右肩上がりとなっている。

  • 訪日外国人客(2015年10月02日 朝刊)

    2013年に1千万人を突破。今年は8月までに1287万人で、国籍別では中国が334万人で首位だ。増える背景に、円安や相次ぐLCC就航、入国ビザ緩和、消費税免税の対象品目の拡大などがある。東海3県で今年1〜6月の外国人のべ宿泊者数は愛知113万人(前年比68.4%増)、三重14万人(同73.5%増)、岐阜47万人(同61.5%増)。うち中国人は愛知49%、三重36%、岐阜21%で、全国平均は26%だ。

  • 羽田の新飛行ルート(2020年02月19日 朝刊)

    南風の時に都心や川崎市の低空を通って発着するルートと、北風時に北向きに離陸し荒川に沿って上昇するルートがある。発着枠が空いている朝と夜の活用と合わせると、年間で約3.9万回の増便が見込めるという。政府は今年の訪日外国人客を年間4千万人に増やす目標を掲げており、増枠分をすべて国際線の増便にあてる方針。経済効果は6500億円とみている。

出国税

最新ニュース

写真・図版

茨城空港に愛称「東京」正式決定へ 都心までは80キロ(2020/5/29)会員記事

 茨城空港の新たな海外向け愛称は「Tokyo Ibaraki International Airport」(中国語表記=東京茨城国際機場)――。 茨城県の有識者会議は28日、最終案を選び、近く大井川和…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ