メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

証人喚問

関連キーワード

  • 証人喚問(2017年03月23日 夕刊)

    国会の国政調査権を定めた憲法62条に基づく制度。うそをついた場合は、議院証言法に基づき国会から告発され、偽証罪(3カ月以上10年以下の懲役)に問われる。正当な理由なく、出頭や証言を拒否しても禁錮刑や罰金を科せられる。

  • 政倫審と証人喚問(2011年01月21日 朝刊)

    政倫審は疑惑が浮上した国会議員に対し、質疑や審査を行う国会の機関。出席委員の過半数の議決で出席を求めることができるが、強制力はなく議員は出席を拒める。証人喚問は社会的関心の高い事件の解明のため、国会が憲法62条に基づき行う。慣例では予算委員会の全会一致の議決で実施。正当な理由なく出頭を断ったり虚偽証言をしたりすれば、議院証言法違反で禁錮刑や罰金などが科せられる。

  • 福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)(2012年02月29日 朝刊)

    事故を民間の立場で検証するために財団法人が設立。政治家や官僚らに事情を聴いたが、調査権限がなく、東電幹部への聴取を求めたが拒否された。事故調査はほかに政府と国会、東電も組織。東電は、政府事故調に対しては関係幹部の聞き取りに応じた。国会事故調は国政調査権で証人喚問して調査する。事故調のうちで菅前首相が聞き取りに応じたのは今回が初めて。

最新ニュース

(#政界ファイル)関電出身議員の経産委理事就任に菅元首相「鋭く追及できるのか」(2019/10/10)有料記事

 立憲民主党の菅直人元首相は8日、自身のツイッターで、関西電力労組出身の国民民主党・浜野喜史氏が、参院経済産業委員会の野党筆頭理事に起用された人事について「自分の出身会社である関電問題を鋭く追及できる…[続きを読む]

証人喚問をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ