メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

証人尋問

関連キーワード

  • 死刑囚の証人尋問(2014年01月21日 夕刊)

    法務省によると、死刑囚が収容されている拘置所の外での証人尋問は、過去に1件。殺人などの罪で死刑が確定した元暴力団組長が2008年10月、水戸地裁での別の被告の公判に出廷した例だ。一方、拘置所で実施されたのは3例ある。1974〜75年に起きた連続企業爆破事件をめぐる裁判では99年、裁判官が東京拘置所に出張。死刑囚らへの尋問を非公開で行った。

  • 被告人質問(2011年05月25日 夕刊)

    被告が質問で答えた内容は、それが被告にとって有利か不利かを問わず証拠として採用される。被告には黙秘権があり、宣誓したうえでの供述が求められる証人のように偽証罪に問われることはない。証人尋問などが終わり、公判の終盤に行われるケースが多い。

  • 証人テスト(2014年02月12日 朝刊)

    刑事訴訟規則に基づき証人尋問前の証人に事件の事実関係を確かめる手続き。記憶が薄れたり緊張したりして公判進行が滞るのを防ぐことが本来の目的。取り調べと違い可視化の対象外で、検事と証人のやりとりは公判記録に残らない。主尋問での誘導尋問は同規則で禁じられている。

最新ニュース

写真・図版

河井元法相、懲役3年実刑 参院選、100人買収 東京地裁判決(2021/6/19)会員記事

 2019年7月の参院選広島選挙区で、計100人に約2900万円を配ったとして公職選挙法違反(加重買収など)の罪に問われた元法相の河井克行被告(58)=衆院議員を辞職=に対し、東京地裁は18日、懲役3…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ