メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

誘導弾

関連キーワード

  • 12式地対艦誘導弾(2018年02月27日 朝刊)

    88式地対艦誘導弾の後継として日本が開発した地対艦誘導弾(Surface−to−ShipMissile)。全長約5メートル、重量約700キロ。山の陰から発射すると、あらかじめ入力されたコースに沿って山腹を迂回(うかい)し、低空を飛びながら洋上に出て目標の艦艇を狙う。

  • 日本の弾道ミサイル防衛(BMD)(2017年07月13日 朝刊)

    (1)洋上からイージス艦に配備されている迎撃ミサイル「SM3」を発射して大気圏外で迎撃する(2)撃ち漏らした場合は、地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)が大気圏内で迎撃する——という2段階の構想となっている。射程が半径約20キロ程度のPAC3は、「政権の中枢や都市機能が集中する地域、自衛隊や米軍の重要基地を優先的に守るため」(防衛省幹部)と位置づけられている。現在は首都圏や沖縄など全国17の部隊に計34基が配備されている。米軍が韓国への配備を計画している「高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)」は大気圏外の下層部から大気圏内の上層部での迎撃を想定。PAC3はそれより下層での迎撃を想定している。

  • 弾道ミサイル防衛(BMD)の日米協調(2008年12月23日 朝刊)

    米軍再編に関する日米協議の過程でBMDでの緊密な協調がうたわれた。航空自衛隊航空総隊司令部を在日米軍司令部のある米軍横田基地に移転し、日米の「共同統合運用調整所」を設置、司令部間の連携を強化する。日本のBMDは大気圏外を飛ぶ弾道ミサイルをイージス艦の海上配備型迎撃ミサイルが迎撃、落下最終段階で地対空誘導弾パトリオット3が再迎撃するシステム。運用構想では空自航空総隊司令官が「BMD指揮官」として、海・空の関係部隊を指揮・管制することになる。

最新ニュース

ロシア製兵器検討のトルコ、米が警告「F35売らない」(2019/3/10)有料記事

 トルコがロシア製の地対空ミサイルシステム「S400」の導入を目指している問題で、米国防総省のサマーズ報道官代行は8日、「米国とトルコとの軍事的関係に重大な結果を招く」と警告した。米側はトルコへの最新…[続きを読む]

誘導弾をコトバンクで調べる

PR情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】ファッションはどこへ向かう

    モデル・冨永愛×高橋牧子記者

  • 写真

    【&TRAVEL】退蔵院と高台寺のしだれ桜

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】バンドスローガンは一生青春

    結成10年で決意の扇ポーズ

  • 写真

    【&w】ワインの「肴」になるパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日滝沢カレンの物語の一歩先へ

    魯迅「阿Q正伝」を超解釈

  • 写真

    WEBRONZA虐待死事件と児童相談所改革

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン女優・映画監督 小川紗良

    理想の男性を語る

  • 写真

    T JAPAN自社田で米作りから手がける

    岡山県「丸本酒造」の流儀

  • 写真

    GLOBE+野生ゴリラ、驚きの価格設定

    連載「アフリカを旅する」

  • 写真

    sippo野良犬から生まれた子犬

    大きくなって家族守る存在に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ