メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

読売新聞

関連キーワード

  • 鳥取の男性連続不審死(2010年01月23日 朝刊)

    2009年、鳥取市の元スナック従業員の女の知人男性3人が相次いで変死し、いずれの遺体からも睡眠導入剤が検出された。この3人を含め、女の周辺では04年以降、交際相手だった読売新聞記者が列車にひかれたり、警察官が首をつった状態で死亡したりするなど6人が不審死を遂げている。

  • 潜在的核抑止力論(2012年01月11日 朝刊)

    昨年9月7日付の読売新聞社説は、日本が核不拡散条約でプルトニウム利用を認められている現状が「外交的には、潜在的な核抑止力として機能している」と主張した。自民党の石破茂元防衛相も雑誌「サピオ」10月5日号で「原発をなくすことはその潜在的抑止力をも放棄することになる」との考えを示した。

  • 細川嘉六(ほそかわ・かろく、1888〜1962)(2013年09月19日 朝刊)

    泊町(現朝日町)の貧しい魚商の家に育ち、苦学して東京帝国大学法学部を卒業。読売新聞社などを経て、実業家・大原孫三郎が大阪に設立した大原社会問題研究所に20年に入所。退所後の42年、侵略戦争に反対した論文で治安維持法違反容疑に問われて逮捕された。自身は45年の終戦直後に免訴されたが、獄死4人などの横浜事件に発展した。戦後は、共産党参院議員などを務めた。

最新ニュース

写真・図版

分科会、廃止の専門家会議から8人移行 尾身氏が会長に(2020/7/4)会員記事

 政府は3日、新型コロナウイルス感染症対策本部などを持ち回り形式で開き、同日付で2月から医学的見地から助言を行ってきた専門家会議を廃止し、新型コロナ対応の特別措置法に基づく新たな分科会を設置することを…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ