メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

調布市

関連キーワード

  • 調布市の女児食物アレルギー死亡事故(2013年06月27日 朝刊)

    調布市立富士見台小学校で昨年12月、給食を食べた後に、食物アレルギーのある5年女児が死亡した。アレルギーによるアナフィラキシーショックとみられる。女児は乳製品にアレルギーがあった。担任は、女児がおかわりを求めた際に、食べられない食材が記入された一覧表を確認しないまま、チーズが入ったチヂミを渡していた。

  • 調布市の給食死亡事故(2017年12月28日 夕刊)

    おかわりしたチヂミに入っていたチーズにアレルギー反応を起こした沙清さんは、給食から約30分後に呼吸が苦しくなった。誤食が判明し、校長が14分後、アレルギー症状を緩和するエピペンを打ったが間に合わず、亡くなった。沙清さんのチヂミはチーズが除かれ、「おかわり表」では食べさせてはいけないことを示す「×」印があったが、担任が確認し忘れた。

  • 妊婦搬送問題の経過(2008年11月26日 朝刊)

    妊婦搬送問題が最初に発覚したのは10月22日。都内の妊娠9カ月の女性(36)が10月4日、脳内出血を起こし、江東区のかかりつけの産婦人科医院が都立墨東病院など8病院に受け入れを依頼したが、「空きベッドがない」などとして断られた。女性は約1時間15分後、墨東病院で手術を受けたが3日後に死亡した。その2週間後にも別のケースが明らかになった。9月23日、調布市内の病院に入院中だった30代の臨月の女性が脳出血を起こし、杏林大病院など6病院から受け入れを断られた。約4時間後に墨東病院で手術を受けたが、意識不明の重体。いずれも赤ちゃんは無事に生まれた。

最新ニュース

写真・図版

抑留から生還、93歳が抱く「日本の誇り」 ウクライナに重なる記憶(2022/8/16)

 ウクライナ侵攻下で迎えた戦後77年の終戦の日。戦争体験者や遺族らは、侵攻と過去の戦争を重ねながら戦没者を追悼し、平和のあり方に思いをめぐらせた。■「命を散らせば勲章」15歳、抱いた誇らしさ 篠原吉宗…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】あの名作にこんなご近所感が

    ほんやのほん

  • 写真

    【&M】変わりゆく「紳士」の定義

    Lorenzo STYLE

  • 写真

    【&Travel】香港の売店から膨らむ想像

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】僕の曲、鼻歌で歌ってほしい

    作詞家・いしわたり淳治さん

  • 写真

    【&w】母の夢は移動式本屋

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日ミュージアムグッズの魅力は

    大澤夏美が「チカラ」2を刊行

  • 写真

    論座ロシアの民主化は可能か?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン編集長の見立て #58

    個人で進むSDGsへの意識

  • 写真

    Aging Gracefully疲れた40代を甘やかすコスメ

    つけるだけで肌が上向きに

  • 写真

    GLOBE+「民主主義」対「権威主義」

    正念場のG7を考える

  • 写真

    sippoはじめての保護活動

    野良猫の母子の幸せを考えた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ