メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

調査報道

関連キーワード

  • 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)(2017年11月06日 朝刊)

    米ワシントンに本拠を置く非営利の報道機関で、1997年から活動している。オーストラリアの新聞社幹部だったジェラード・ライル氏が事務局のスタッフ20人を率いる。今年5月にはパナマ文書の報道でピュリツゼ賞を受賞。米商務長官をめぐる取材はサーシャ・シャフキン、マーサ・ハミルトンの両記者が担当。カナダ首相の腹心をめぐる取材はライアン・シトゥム記者、カナダCBC放送のハービー・キャショア記者が担当した。

  • 国際調査報道ジャーナリスト連合(2018年11月26日 朝刊)

    英語の略称はICIJ。1997年に米国にできた非営利の報道機関で、ワシントンに本部がある。多国籍企業や富裕層がタックスヘイブン(租税回避地)を利用する実態を明らかにした「パナマ文書」、「パラダイス文書」報道などでも注目を集めた。今回の調査は「医療機器ファイル(原題インプラント・ファイル)」と名付けられ、提携する世界の記者が200を超える患者や企業に取材した。

  • ウォーターゲート事件(2009年06月03日 夕刊)

    72年、ニクソン米大統領の共和党の再選支持派が、ワシントンのウォーターゲートビルにある民主党全国委員会本部に盗聴器を仕掛けるため侵入、逮捕された。ホワイトハウスは関与を否定したが、ワシントン・ポスト紙が調査報道で追及。もみ消し工作も明らかになり、ニクソン氏は74年辞任した。

最新ニュース

英政府が「有害情報」流す企業に罰金科す提案  (2019/5/21)

白書「Online Harms White Paper」 英政府は4月8日、児童虐待に関する投稿や、国家の安全を脅かすテロリストグループによる宣伝など、インターネット上に氾濫(はんらん)する「有害情報…[続きを読む]

調査報道をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ