メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本の調査捕鯨、現状では停止 捕獲数「科学的でない」(2014/3/31)

 南極海での日本の調査捕鯨が違法だとして、日本政府が豪州政府に国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)へ訴えられた裁判で、ICJは31日、調査捕鯨は「科学目的のためとは言えない」として、最大1035頭の捕獲を認める今の調査を停止するよう命じる判決を下した…[続きを読む]

関連キーワード

  • 調査捕鯨(2010年04月14日 夕刊)

    国から許可と補助金を受けて、日本鯨類研究所が資源の増減傾向などを探る目的で1987年から実施している捕鯨。サイズや重さを測定したり、耳あかや胃の内容物などを採集して分析する。鯨肉はあくまで「調査の副産物」として販売、国内で流通する。韓国は捕鯨をしておらず、漁網にかかって混獲されたクジラが国内で流通している。ただ、密漁も横行、日本への鯨肉の密輸も過去に摘発されている。

  • 商業捕鯨と調査捕鯨(2010年04月24日 朝刊)

    国際捕鯨委員会(IWC)は1982年、クジラの減少を受けて商業目的の捕鯨の一時禁止を決めた。日本は禁止を受け入れる一方で、87年から南極海で、94年から北西太平洋で、国際条約で認められている調査目的の捕鯨を始めた。調査捕鯨は、加盟国が捕獲頭数などをIWCに届け出たうえで、独自に決めることができる。現在、日本では年間で南極海1035頭、北西太平洋380頭の上限を定めている。

  • 調査捕鯨の鯨肉(2010年09月07日 朝刊)

    調査捕鯨は日本鯨類研究所(鯨研)が政府の許可と補助金を受けて1987年から実施し、共同船舶(本社・東京)が請け負う。クジラの耳あかや胃の内容物などから生態を調べる。「副産物」として得られる年約4千トンの鯨肉は、共同船舶が国内の加工業者などに販売。高級部位のウネスは15キロ当たり5万円以上という。販売分と別に、船員向けの「土産」という鯨肉が船員約200人に1人約4キロ、計800キロが無償で渡され、共同船舶が鯨研に鯨肉代を支払う。水産庁は「長く行われてきた慣例」と説明している。

最新ニュース

写真・図版

バズった、クジラのフルコース動画「大大大満足」 おいしさ知って(2022/1/10)

 【千葉】南房総市のJR内房線・和田浦駅の近くにある民宿「四季の宿じんざ」には、最近新しい客が増えている。 きっかけは、宿泊客が昨年3月に「ユーチューブ」に投稿した動画だ。「大大大満足の夕食です」「恐…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】父がベランダの花を守る理由

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】アストンマーティンのSUV

    サルデーニャ島で試乗

  • 写真

    【&Travel】南蛮貿易の歴史感じる堺市

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&M】覚悟して向かった派遣先

    宿舎のガーデンで出会った子猫

  • 写真

    【&w】かわいい姉妹猫からの学び

    教えや戒めと受け止める飼い主

  • 写真

    好書好日「恋せぬふたり」が小説に

    ドラマも小説も余白を大切に

  • 写真

    論座歴史的なフィリピン大統領選

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン心と体がポジティブになる、

    ポーターのリュック

  • 写真

    Aging Gracefully小顔見せアイブロウ

    自眉いかしのナチュラル仕上げ

  • 写真

    GLOBE+「おいしい料理」の研究

    食の問題は技術で解決できる?

  • 写真

    sippo愛犬2匹の下痢パニック

    これは“犬ご飯沼”の入り口か

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ