メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

調理師

関連キーワード

  • 天然トラフグ(2013年03月25日 夕刊)

    食用のフグ類の中で最高級で、山口や福岡、東海沖が漁場として有名。肝蔵卵巣に猛毒を持つため、取り扱いには都道府県の「ふぐ調理師免許」が必要になる。養殖と比べ、尾びれが扇状に大きく広がっているのが特徴という。

  • 藤本健二氏(2012年09月06日 朝刊)

    藤本氏の著書によると、1982年、「月給50万円」にひかれ、東京の調理師紹介所を通じ平壌のレストランの料理人となった。金正日総書記が、藤本氏のすしを気に入り、専属料理人になり、故高英姫(コ・ヨンヒ)夫人、次男・正哲氏、三男・正恩氏らと親しく過ごした。遊びをリードしていたのは正恩氏で、正日氏が「正哲はだめだ。正恩は私に似ている」と、幼い頃から正恩氏への後継を考えていたと証言。ベールに包まれた金ファミリーの日常を明らかにした。こうした経緯から、本名を明かさずに、「藤本健二」という名前で活動している。90年に正日氏の勧めで朝鮮労働党員となり、朝鮮名「朴哲(パク・チョル)」を与えられ、秘書室員として仕えた。

  • 専門職業大学(2015年08月22日 朝刊)

    調理師や介護士といった専門技術を持つ人材を育成する新しい種類の大学。文科省の有識者会議が3月末にまとめた提言では、名称は「専門職業大学」「専門職大学」が候補。学位がとれない専門学校とは異なり、2〜4年制で、2〜3年の場合は「短期大学士」、4年なら「学士」に相当する学位がとれる。専門学校や短大、大学の一部が移行することを想定している。導入までは少なくとも4年はかかるとみられる。

最新ニュース

写真・図版

青森)G20夕食会に風間浦村のアンコウ(2019/7/13)有料記事

 大阪市で6月にあった主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の首脳夕食会で、青森県風間浦村産のアンコウが食材の一つとして使われた。村ではアンコウを「宝物」として大切に扱い、2キロ未満のものは再放…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「一生の仕事」のみつけかた

    鎌田由美子×川島蓉子〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】西オーストラリアの動植物

    珍しい姿形の写真も<PR>

  • 写真

    【&M】オーケストラを応援する理由

    ナガオカケンメイさん

  • 写真

    【&w】子どもと一緒に読んで作って

    レシピ本『おいしいおはなし』

  • 写真

    好書好日くだらなくて崇高な短編集

    平山夢明の新刊「あむんぜん」

  • 写真

    論座代表チームは国籍を超えて

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン老舗ショップがリニューアル

    ポール・スチュアート

  • 写真

    T JAPAN連載・歌舞伎への扉 第5回

    坂東新悟さんインタビュー

  • 写真

    GLOBE+古民家、ピンクに塗ってみた

    新潟で奮闘するドイツ人

  • 写真

    sippo愛犬734匹がパトロール

    子ども狙った事件防止に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ