メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

講和条約

関連キーワード

  • ポツダム宣言とサンフランシスコ講和条約(2015年06月02日 朝刊)

    第2次世界大戦末期の1945年7月、日本は米英中から、無条件降伏を迫るポツダム宣言を受信。原爆投下後の8月14日に受け入れを決めた。宣言は日本の戦争行為を「世界征服の挙に出(い)つるの過誤」(6項)とし、「一切の戦争犯罪人に対しては厳重なる処罰加へらるへし」(10項)と断じている。52年に発効したサンフランシスコ講和条約で、連合国が日本の戦争指導者を裁いた東京裁判を受諾し、沖縄などが米施政権下に置かれた状態で主権を回復した。

  • サンフランシスコ講和条約(2014年03月03日 朝刊)

    第2次大戦を終結させるため、1951年9月8日、米国など48カ国と日本が米サンフランシスコで署名した。冷戦を背景に共産圏の旧ソ連、旧チェコスロバキア、ポーランドは署名を拒否した。52年4月28日に発効し、連合国による日本占領が終わった。日本は独立を回復したが、沖縄や小笠原諸島、奄美群島は本土復帰までの間、米国の施政下に残った。

  • スガモプリズン(2008年12月08日 朝刊)

    敗戦後、占領軍が当時の東京拘置所を接収、45年11月開所。A級戦犯のほか、捕虜虐待などが問われたBC級戦犯を収監。多い時で1800人超がいた。講和条約が発効した52年、管理が日本政府に移り、名称も「巣鴨刑務所」に変わった。58年には収監者全員が仮出所、釈放された。跡地には78年、サンシャインビルが開館した。

最新ニュース

写真・図版

唐池恒二の人・街づくり 名外相・小村寿太郎と飫肥のまち(2022/6/26)

 コロナ禍で九州・山口の観光や地域振興は大きな影響を受けました。再出発に向け様々な課題が浮かび上がっています。人材育成や街づくりなどに関わってきたJR九州の前会長でいまは相談役の唐池恒二さん(69)に…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】仏料理シェフのパン焼き小屋

    このパンがすごい!

  • 写真

    【&M】新型「ポロ」に試乗

    使い勝手の良さと力強い走り

  • 写真

    【&Travel】東京の「いま」を安心して

    旅してみませんか<PR>

  • 写真

    【&M】家族が快適に過ごすには?

    アイデアが詰まったバンコン

  • 写真

    【&w】カラフルな部屋“旅する”家

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日内野聖陽が語る鋼の錬金術師

    「今の時代にビビっとハマる」

  • 写真

    論座漂流キャスター日誌

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンファッションビジネスの未来

    ヘルノCEOが語る戦略とは?

  • 写真

    Aging GracefullySHOW-YA寺田恵子さん

    「歌うことは、今生の天命」

  • 写真

    GLOBE+「天井のない監獄」

    ガザ地区はどんなところ?

  • 写真

    sippo足取りは力強く確かなものに

    3頭の盲導犬とともに歩む人生

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ