メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

講談社

関連キーワード

  • 週刊現代の八百長疑惑報道(2008年10月04日 朝刊)

    「横綱・朝青龍の八百長を告発する!」など、07年2月から3回にわたって大相撲の八百長疑惑を報じた。「『下位力士から一番80万円で星を買っている』との重大証言」(07年2月3日号)など、朝青龍が優勝した06年九州場所や07年初場所などで八百長が行われていたと書いた。日本相撲協会や記事で名指しされた力士らが発行元の講談社などを相手取り、損害賠償と謝罪広告掲載を求める訴訟を起こした。

  • 奈良調書漏出事件(2009年12月17日 夕刊)

    2006年6月、自宅に放火し、母子3人を殺害したとして、当時高校1年の長男(19)が殺人などの容疑で逮捕された。07年5月、草薙氏が長男らの供述調書を大量に引用した著書を講談社から出版。長男と父親の告訴を受けた奈良地検は07年10月、掲載資料の内容などから、長男の鑑定医を務めた崎浜医師を特定し、刑法の秘密漏示容疑で逮捕した。草薙氏は、社会通念を逸脱した取材行為がないなどとして不起訴処分(嫌疑不十分)とされた。

  • うさこちゃんとミッフィー(2010年03月31日 夕刊)

    日本では70年代から食器やベビー布団などに、ミッフィーの名でキャラクターが採用され、執と商品化された。現在、ディック・ブルーナ・ジャパンとライセンス契約を結んでいるのは120社以上。81年からは講談社からもミッフィーのタイトルで絵本シリーズが出され、福音館書店のうさこちゃんシリーズと併存している。うさこちゃんシリーズは累計約1603万部で、講談社のミッフィーの絵本や関連本は420万部以上。

最新ニュース

写真・図版

陽水にみた表現の余白と痛み ロバート・キャンベルさん(2019/8/18)有料会員限定記事

 日本文学研究者で国文学研究資料館長のロバート・キャンベルさんが井上陽水さんの歌詞を英訳した「井上陽水英訳詞集」(講談社)が反響を呼んでいる。50曲の対訳に加えて、陽水さんとの対談を重ねた翻訳過程をつ…[続きを読む]

講談社をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ