メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

警察学校

関連キーワード

  • 栃木県警察学校(2017年11月04日 朝刊)

    130年前の1887(明治20)年に県巡査教習所として設立。大卒者中心の短期課程(6カ月)と高卒者中心の長期課程(10カ月)があり、集団生活で寝食を共にする。現在は4月入校で来年1月に卒業、現場に配属予定の180期生ら82人が在籍。川出吉幸学校長が取り入れた、ダッシュや腕立て伏せなどを繰り返し行う「川出式サーキット」などの特色ある訓練で、警察官に必要な体力や精神力を鍛える。他にも刑法や刑事訴訟法など業務に必要な学習もあり、入校期間中にやることは山積みだ。

  • 警察学校(2018年05月13日 朝刊)

    県警の教養施設。新規採用された初任科生は全員が寮に入り、高卒は10カ月、大卒は6カ月、警察官に必要な関係法令や実務、逮捕術などを学ぶ。外出は休日のみ認められる。

  • 逮捕術(2018年08月14日 朝刊)

    1947年、柔道や剣道、空手などあらゆる武術を参考にして生まれた。素手のほか、「警棒」「短刀」「警杖」を使用。短刀を持った犯人に対して警棒で対抗することを想定した「短刀対警棒」など5種目がある。胴などの決められた部位を打つほか、蹴ったり投げたりしてもよく、1本の取り方が多彩なのが特徴だ。警察学校では必修で、各署でも毎朝基本動作の訓練をしている。

最新ニュース

写真・図版

奈良)男子射撃で国体優勝の中西警部補「五輪目指す」(2019/10/10)有料記事

 茨城県であった第74回国民体育大会のライフル射撃(センターファイアピストル30発)で、県警教養課の中西公光警部補(37)が6日、優勝した。県警本部で8日に優勝報告し、「この調子で東京五輪の出場枠を獲…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ