メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

警察庁長官

関連キーワード

  • 警察庁長官銃撃事件(2015年03月29日 朝刊)

    1995年3月30日午前8時30分ごろ、国松孝次警察庁長官が東京都荒川区南千住6丁目の自宅マンション前で撃たれた。約20メートル離れた隣棟の角から男が拳銃4発を発射し、うち3発が背中などに命中。長官は一時重体となった。警視庁はオウム真理教による組織的犯行との見方だったが、2010年に殺人未遂罪の公訴時効が成立した。

  • 宮内庁参与(2016年10月18日 朝刊)

    天皇家の重要事項の相談役。現在は5人で、宮内庁元長官の羽毛田信吾、元侍従長の渡辺允、元最高裁長官の竹崎博允、元警察庁長官の国松孝滋元検事総長の原田明夫の各氏。過去には最高裁判事の故・団藤重光氏、東大名誉教授の三谷太一郎氏らが務めた。定期的に参与会議が開かれ、宮内庁幹部らを交え、天皇、皇后両陛下と意見を交わしている。

最新ニュース

写真・図版

警察庁長官、富山の交番を視察 警官殺害事件で対策強化(2019/9/19)

 警察庁の栗生俊一長官が19日、富山市堀の富山中央署下堀交番を視察した。富山県警は、昨年6月に同市内の別の交番が襲われて警察官が殺害され、奪われた拳銃で民間警備員が射殺された事件を受け、交番内を強化ガ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ