メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

警戒宣言

関連キーワード

  • 東海地震の予知(2013年07月04日 朝刊)

    地殻のわずかな伸び縮みをとらえる27カ所のひずみ計を気象庁が常時監視。異常を検知すると、地震学者からなる地震防災対策強化地域判定会が開かれ、前兆と判断すると、気象庁長官が予知情報を出し、首相が警戒宣言を発令する。

  • 大規模地震対策特別措置法(大震法)(2017年09月13日 朝刊)

    1978年、駿河湾や遠州灘を震源域に周期的に起きるとされるマグニチュード(M)8程度の「東海地震」の前兆を観測し、被害を最小に抑える目的で作られた。県内全域を含む8都県157市町村が対象で、首相が「警戒宣言」を出すと鉄道が運休し、学校も休校に。住民は事前避難をする。

  • 南海トラフ地震に関連する情報(臨時)(2018年05月28日 朝刊)

    想定震源域の一部でマグニチュード(M)8クラスの地震が起きて残りの領域でも起きる可能性があったり、前触れかもしれないM7クラスの地震やプレート境界でのすべり現象が観測されたりした場合、地震学者らの検討会が分析・評価。気象庁が異常の検知から最短2時間後をめどに「大規模地震の発生可能性が平常時に比べて相対的に高まっている」などの表現で発表する。予知は困難として、大規模地震対策特別措置法の「警戒宣言」に代わり昨年11月から運用が始まった。

最新ニュース

[21]南海トラフ地震の防災対応ガイドライン(2019/4/11)

ペアで起きてきた南海トラフ地震 南海トラフ沿いの震源域では、過去に繰り返し地震が起こってきた。過去3回の地震では、1944年東南海地震の2年後に南海地震が、1854年安政東海地震の32時間後に南海地震…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ