メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

議員立法

関連キーワード

  • 被災者生活再建支援法(2011年03月31日 夕刊)

    阪神大震災をきっかけに1998年に議員立法で成立。かつては、支援金は住宅再建に使えなかったが、現行制度では使途を定めず支給される。東日本大震災では青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉の7県全域と、長野、新潟県の計3市町村に適用されている。

  • 薬害C型肝炎集団訴訟(2008年09月20日 朝刊)

    C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤を、出産時や手術時の止血剤として投与されて感染したとして、患者が国と製薬企業3社に損害賠償を求めた。02年10月の大阪、東京両地裁への提訴後、仙台を除く4地裁で原告勝訴の判決が相次いだ。大阪高裁は昨年11月に初の和解勧告を出し、福田首相は議員立法での救済を表明、今年1月に薬害肝炎救済法が成立した。原告団は国との和解後、製薬側との和解交渉を続けていた。

  • 薬害C型肝炎訴訟(2008年09月29日 朝刊)

    C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤を、出産や手術で止血剤として投与され感染したとして、患者が国と製薬企業に損害賠償を求め、02年10月から提訴。仙台を除く大阪、東京など4地裁で原告勝訴の判決が相次いだ。大阪高裁は昨年11月に初の和解勧告を出し、福田首相は議員立法での救済を表明。今年1月、投与が確認され国と和解した原告に4千万〜1200万円の給付金を支払うとした薬害肝炎救済法が成立した。原告は現在1千人を超え、和解したのは400人以上。原告らはさらに、約350万人とされる肝炎患者全体を対象に救済を図るため、肝炎対策基本法の制定を求めている。

最新ニュース

(社説)優生手術救済法成立 尊厳と共生を問い直す時(2019/4/25)

 旧優生保護法のもとで不妊手術を受けた人に一時金を支給する法律が成立し、施行された。 不良な子孫の出生を防ぐ――。国はそんな目標を掲げ、障害や病気を持つ約2万5千人もの人々から、子どもを産み、育てる人…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】オーストラリア・ダーウィン

    自然とシティリゾートを満喫

  • 写真

    【&TRAVEL】ワシントンDCで感じた人情

    福士蒼汰さんの「心に残る旅」

  • 写真

    【&M】レクサスのミニバン誕生

    上海国際モーターショー2019

  • 写真

    【&w】「六花亭」で小さな幸せを

    オトコの別腹

  • 写真

    好書好日横尾忠則さんの華麗なる交流

    芥川賞作家2人とアトリエ鼎談

  • 写真

    論座上野千鶴子祝辞に反発する人

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンパフォーマンスに差がつく

    快適かつ上質な空の旅

  • 写真

    T JAPANクリムトが巨匠である理由

    2つの展覧会が開催

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo猫は名前を聞き分けられる

    上智大チームが検証

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ