メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

谷川浩司

  • 谷川浩司(たにがわ・こうじ)  1962年4月6日生まれ。神戸市出身。若松政和七段門下。
     76年、プロ四段。史上2人目の中学生棋士に。順位戦で順調に昇級を重ね、83年にA級初参加で名人挑戦者に名乗りを上げた。その勢いのまま、加藤一二三名人に挑戦した第41期名人戦を4勝2敗で制し、史上最年少の21歳で初の名人獲得。「名人位を1年間預からせていただきます」は名言として語り継がれる。
     切れ味鋭い終盤力は「光速の寄せ」と恐れられ、終盤でのスピード重視の戦い方は将棋界に革新をもたらした。中原誠十六世名人や米長邦雄永世棋聖、台頭してきた「羽生世代」と数多くのタイトル戦を戦った。97年、羽生善治名人を破って通算5期目の名人を獲得、十七世名人の永世称号資格を得た。
     2011年に4人目となる公式戦通算1200勝を達成。14年まで、大山康晴十五世名人の44期に次ぐ32期連続で名人・A級に在籍。これまでのタイトル獲得数は計27期(名人5期、竜王4期、王位6期、王座1期、棋王3期、王将4期、棋聖4期)。
     詰将棋作家としても有名で、11年に発表した「月下推敲(すいこう)」は、約200年ぶりの永世名人の作品集として話題になった。
     12年から日本将棋連盟会長を務める。会長職の傍ら、現役棋士として活躍していたが、将棋ソフトの不正疑惑で混乱を招いたことで辞任を表明。

  • 公式プロフィール別ウインドウで開きます

最新ニュース

初A級の斎藤七段、八段昇段も決める 将棋名人戦・順位戦(2020/2/17)有料記事

 第78期将棋名人戦・B級1組順位戦で、斎藤慎太郎七段(26)のA級昇級が決まった。13日の12回戦で白星を挙げて8勝3敗となり、2位が確定。同日付での八段昇段も決まった。既に昇級を決めていた菅井竜也…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】横須賀アートめぐり

    1万円で日帰りドライブ

  • 写真

    【&TRAVEL】姿を消す戦国時代の山城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】スノーピーク製品プレゼント

    ローチェア、寝袋、ケトルなど

  • 写真

    【&w】鎌倉の「どこでもない場所」

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日親子って、厄介な存在だな

    松本穂香さんインタビュー

  • 写真

    論座アスクルで透明化の試み

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン角田みどり・写真展開催

    東京・大阪で開催決定

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第56回

  • 写真

    GLOBE+高齢者がすがる、黄昏の恋

    相手探しに立ちはだかる壁

  • 写真

    sippo犬の殺処分最多の香川県

    殺処分ゼロへ、子どもら活動

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ