メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

豊臣秀吉

関連キーワード

  • 豊臣秀吉の朝鮮出兵(2009年09月25日 朝刊)

    秀吉は2度にわたって小西行長、加藤清正らに命じて朝鮮半島に兵を送り、朝鮮軍や明軍などと戦った。文禄の役(1592〜93)では、倭軍(日本軍)は現在の平壌とソウルに達した。慶長の役(1597〜98)では、朝鮮半島南部で激戦が展開されたが、日本側は秀吉の死で撤退した。

  • 豊臣秀吉の埋蔵金伝説(2011年08月22日 朝刊)

    息子・秀頼の行く末を案じた秀吉が1598(慶長3)年6月、大坂城に残っていた朝鮮出兵の軍用金4億5千万両を多田銀銅山の21カ所の坑道に埋めた、と家臣の遺書などに記されていたとされる。現在なら兆円単位の価値だとする試算や、財力を誇張しただけとの見方もマニアの間にはあり、群馬県の徳川埋蔵金、茨城県の結城家埋蔵金と並んで「日本の三大埋蔵金」と称される。

  • 唐津街道(2008年06月27日 朝刊)

    現在の国道3号と202号にほぼ平行し、全長約130キロ。古代は大陸の文化が伝わる道で、元寇に立ち向かった武士たちが行軍した。豊臣秀吉の朝鮮出兵や福岡藩、唐津藩の参勤交代で使われ、幕末は武士たちが行き交った。江戸時代の13宿場は北から若松、芦屋、赤間、畦町、青柳、箱崎、博多、福岡、姪浜、今宿、前原、深江、浜崎にあった。

最新ニュース

写真・図版

京都)山家陣屋跡で石垣確認 綾部市教委が初の発掘調査(2019/10/17)有料記事

 京都府綾部市教育委員会は16日、同市広瀬町の山家(やまが)陣屋跡で石垣や井戸の石組みが見つかったと発表した。豊臣秀吉から周辺の地を与えられた谷衛友(もりとも)の屋敷跡で、発掘調査は初めて。3月には航…[続きを読む]

豊臣秀吉をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ