メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

資格試験

関連キーワード

  • 刑務所の職業訓練(2008年09月14日 朝刊)

    受刑者の義務である刑務作業の一種だが、選べるのは「生活態度が良く、将来働く意欲の強い人」に限られる。職業に関する免許や資格、知識や技能を取得させる。資格試験の受験料やテキスト代などの費用は、刑務所側が負担。外部の専門家をボランティアで講師に招くことが多い。

  • 外国人の介護福祉士・看護師雇用(2009年03月20日 朝刊)

    07年に調印された日本とインドネシアとの経済連携協定(EPA)に基づき、インドネシア人の介護福祉士・看護師の候補者計208人が08年8月に来日。大阪や東京などの施設で半年間の日本語研修を受け今年1〜2月、全国の介護施設や病院で働き始めた。候補者はインドネシアの看護師資格を持つ。介護福祉士は4年、看護師は3年以内に国家試験に合格すれば国内で働き続けることができる。資格試験や日本語の教育は、病院や施設側が計画して費用を負担する。今春にはフィリピンから候補者が来日の予定。

  • 関西広域連合(2011年04月24日 朝刊)

    参加したのは滋賀、京都、大阪、兵庫、和歌山、鳥取、徳島の7府県。奈良県は「現行制度に屋上屋を架す」(荒井正吾知事)と参加していない。防災、観光・文化振興、産業振興、資格試験・免許、医療、環境保全、職員研修の分野ごとの事務局を担当府県に置く。国の出先機関から権限・財源・人の「丸ごと移管」もめざす。

最新ニュース

「学校の社会学」書評 フランスの教育、「不平等」軸に紹介(2020/7/4)

学校の社会学 フランスの教育制度と社会的不平等 [著]M・ブランシャール、J・カユエット=ランブリエール フランスの教育社会学といえば、ブルデューやブードンの研究が著名である。しかしそれ以外は英語圏の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ