メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

贈与税

関連キーワード

  • 贈与税(2009年12月28日 朝刊)

    現金、土地、株など経済価値のあるものを贈られた場合、受け取った側に納税義務が生じる。年間の基礎控除額110万円を超えると、贈与額に応じて税率は10〜50%となる。

  • 教育資金贈与の税制優遇(2013年05月10日 夕刊)

    今年度の税制改正で、2015年12月まで、祖父母が孫に教育資金をまとめてあげる場合、孫1人あたり1500万円まで贈与税がかからなくなる制度が始まった。学校以外への支払いは500万円まで非課税で、学習塾や英会話学校にあてることも認められている。

  • 教育資金贈与の非課税措置(2013年09月14日 朝刊)

    祖父母が30歳未満の孫に教育資金をまとめて贈る場合、孫1人あたり1500万円を上限に贈与税を非課税にする制度。余裕があるお年寄りのお金を若い世代へ回す効果が期待されている。今年4月から2015年12月末までの贈与が対象となる。入学金や授業料に充てるほか、塾や習い事の費用も500万円までは非課税となる。多額の相続税が見込まれる富裕層にとっては、資産の一部を非課税で譲渡する「節税効果」が期待できる。祖父母が孫の授業料などをその都度直接支払う場合は、これまで同様、贈与税の対象にはならない。詳細は、文部科学省のサイト(http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/zeisei/1332772.htm)。

最新ニュース

写真・図版

相続税など計約2700万円免れ 国税局職員を懲戒免職(2020/7/3)

 熊本国税局は3日、相続税がかかる財産の一部や贈与税の申告をせず、税負担を免れたとして、主査級の50代男性職員を同日付で懲戒免職にし、発表した。 同局によると、職員は2017年に相続税の申告をした際、…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ