メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

贈答品

関連キーワード

  • 慶弔費に関する公職選挙法の規制(2015年11月28日 朝刊)

    公職にある、または就こうとする政治家は選挙期間でなくても、選挙区内の有権者に冠婚葬祭の贈答品などを贈ることが「寄付」に当たるとして禁じられている。ただ本人が出席する場合に限り、「手ぶらで行くのは失礼」との考えから処罰対象にならない。供花も公職にある政治家本人の名前が類推されるような名義では出せない。

  • 県職員と業者の交際(2017年12月01日 朝刊)

    「県コンプライアンス基本指針」は利害関係者との交際について「会食、贈答品の授受、遊技など職の信用を失墜し、県民の不信、疑惑を招くような行為は厳に慎むこと」と定める。会食は公的な懇親会などを想定して禁じておらず、県は特定の業者との会食などを避けるよう職員に指導してきた。ただ、罰則はない。

最新ニュース

写真・図版

恐れと謝罪と癒着と 市役所と自治会長のいびつな関係(2021/5/9)有料会員記事

 津市から補助金をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた同市相生町の元自治会長、田辺哲司被告(61)の公判が11日、津地裁で始まる。事件の背景に、田辺被告が長年にわたり市職員らを「恫喝(どうかつ)」し…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ