メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

赤ちゃんポスト

関連キーワード

  • 内密出産(2017年12月15日 夕刊)

    ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知ることができる。出産前後の費用は国が負担する。匿名で子どもを預けられる「赤ちゃんポスト」を設置したり将来まで匿名を維持して出産できるようにしたりしてきたが、子の「出自を知る権利」を守る観点から内密出産制度が新たに作られ、現在は三つが併存している。

赤ちゃんポストをコトバンクで調べる

PR情報

最新ニュース

写真・図版

「育てたい」孤独の母は泣いた キクとハシは問いかける(2019/10/10)有料会員限定記事

 「赤ちゃんポストに子どもを預けたいが、場所が分からない」。6年ほど前、慈恵病院(熊本市)の看護部長だった田尻由貴子さん(69)は電話を受けた。30代の母親が自ら車を運転して着いたとき、赤ちゃんは胎盤…[続きを読む]

関連キーワード

  • 赤ちゃんポスト(2012年05月08日 朝刊)

    親が育てられない新生児を匿名で預けることのできる窓口。2007年5月10日、熊本市の慈恵病院が開設した。昨年9月末までに男児40人、女児41人の計81人が預けられ、うち64人は生後1カ月未満の新生児だった。市によると、81人のうち、特別養子縁組または里親委託で新たな家庭で生活しているのは37人、施設入所は27人。ほかは実の親らが育てるなどしている。

  • 明日、ママがいないを巡る問題(2014年02月05日 朝刊)

    1月15日の放送開始直後から議論が巻き起こった。主人公らがあだ名で呼び合うほか、児童養護施設の施設長が子どもに「おまえたちはペットショップの犬と同じだ」と言ったり、平手打ちをしたりする場面もあった。主人公のあだ名「ポスト」の由来となった赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」を運営する慈恵病永熊本市)や全国児童養護施設協議会は「施設の子どもを傷つける」などとして、日本テレビに内容の改善などを求めて抗議。番組のスポンサー全8社が、CMの放映を見合わせた。一方、放送存続を望む声もあり、賛否が分かれている。

PR注目情報

注目コンテンツ