メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

赤外線

関連キーワード

  • 波動歯車装置(2010年04月22日 朝刊)

    同じ軸を持つ3重の基本部品から成る。真ん中に挟まれる薄い合金の歯車が、楕円(だえん)にたわむのがミソ(写真の陰の部分=ハ社提極。常識を覆す発想により、内側の歯車を1回転させると、外側の歯車が100分の2だけ進み、正確な減速と大きなトルク(力)を取り出せる。小型軽量の特長を生かし、ホンダの二足歩行ロボット「アシモ」の関節部、ハワイの赤外線望遠鏡「すばる」の鏡面保持、米航空宇宙局の火星探査車の車軸や腕にも使われている。多種少量生産で、受注のほとんどは1個から十数個。工場に生産ラインは見当たらず、熟練した技能工が1個1個を手作業で作り上げる。1個数万円する。

  • 暑さ指数(2011年07月03日 朝刊)

    気温、湿度に、赤外線など体に当たる熱線(放射熱)を加味して数値化したもの。日本生気象学会の指針では、25以上で熱中症の警戒が必要となり、28以上は「外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意」、31以上は「高齢者なら安静状態でも熱中症を発症する危険性が大きい」。環境省は「熱中症予防情報サイト」(http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/)で全国約150カ所の実測値や予測値を掲載し、1時間ごとに更新している。

  • 鋳物ホーロー鍋(2012年02月26日 朝刊)

    鉄と炭素の合金である鋳物にホーロー加工(ガラス吹きつけ塗装)をしてつくるキッチン用鍋のこと。ホーローでカラフルな色をつけることができる。遠赤外線効果がある。フランス製が有名で、日本ではル・クルーゼ社(1925年創業)製がブームの火つけ役。

最新ニュース

写真・図版

砂漠が見せた中国の軍事力 米空母や自衛隊機の模型は何のため…(2022/7/7)

 南シナ海や台湾周辺での中国の軍事活動が活発になっています。最近は3隻目の空母が進水しました。中国の軍事力はどこまで強化されているのでしょうか。笹川平和財団の小原凡司上席研究員は、タクラマカン砂漠の衛…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】米国・ハワイの島巡り

    クルーズへの招待状

  • 写真

    【&w】吉田拓郎さんへのアンサー

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    【&Travel】こちらも大坂城石垣の故郷

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】手塚治虫文化賞選考の裏側

    朝日新聞記者が見た熱い議論

  • 写真

    【&w】海洋汚染を親子で考える絵本

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日小説家という実験室の探求

    村田沙耶香の新刊「信仰」

  • 写真

    論座「気候クラブ」議論に関与を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま見たい海外ドラマ!

    『クイーンズ・ギャンビット』

  • 写真

    Aging Gracefully内田有紀さんインタビュー

    日々大切にしていることとは

  • 写真

    GLOBE+「ここで子を持ちたくない」

    脱出を考える中国の若者たち

  • 写真

    sippo元保護猫のきょうだい猫

    すくすく成長ずっと仲良し

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ