メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

超高層マンション

関連キーワード

  • 武蔵小杉(2014年09月03日 朝刊)

    かつて工場や変電所、企業のグラウンドがあった武蔵小杉駅前。2007年に不二サッシの工場が移転し、再開発が始まった。10年にJR横須賀線の新駅ができ、都心へのアクセスは格段に向上。JRと東急をあわせた駅の1日の平均乗降客数は約40万5千人にのぼる。超高層マンションは現在8棟。駅周辺の3キロ圏内に15万世帯、32万人が暮らすという民間調査もある。ショッピングセンターの開店も相次ぎ、商業地の基準地価は昨年、全国トップの伸び率だった。

  • みなとみらい21地区(2019年01月09日 朝刊)

    横浜市中区と西区にまたがり、横浜港に面した186ヘクタールの区域。関内地区と横浜駅周辺をつないで横浜都心を一体的に再整備しようと、横浜市が1965年に打ち出した構想が発端。地権者などが結んだ街づくり基本協定に基づき、オフィスや商業・観光施設、超高層マンションなどが建設された。バブル崩壊や景気後退で滞った時期もあったが、暫定利用を含めて約9割の土地が利用されている。2017年時点の就業者数は約10万5千人。同年の来訪者数は延べ約7900万人に上る。

最新ニュース

写真・図版

タワマンで目覚めた階級意識 格差、広がる自己責任論(2019/7/17)有料会員限定記事

 非正規雇用で所得も低い新しい階級「アンダークラス」が拡大しつつある――。日本社会の現状をそう分析し、警鐘を鳴らしてきた社会学者の橋本健二さん(早稲田大学教授)に、変わりゆく日本のいまを聞いた。■アン…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ