メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

農林水産省

関連キーワード

  • 農林水産省のヤミ専従疑惑(2009年04月14日 朝刊)

    昨年4月、全農林労働組合の役員1395人の勤務実態を調べた結果、142人に疑惑が浮上した。しかし、秘書課は0人になるまで調査を2回やり直し、総務省に0人と報告した。今年3月に疑惑が発覚、前秘書課長=更迭=がマスコミに虚偽の説明をしていたことも判明した。疑惑の調査結果は7月中旬に出る見込みで、背任容疑での刑事告発や不当な給与の返還も想定される。

  • 諫早湾干拓事業(2013年12月18日 朝刊)

    農林水産省が1989年、洪水被害解消と農地造成のためとして着工。97年、「ギロチン」と呼ばれる鋼板で約7キロの湾を閉め切った。湾内に干拓地と淡水の調整池を設け、国内最大の1550ヘクタールの干潟が消失。2007年に事業が完成し08年に営農が始まった。この干拓事業で漁業被害が起きたとして国に開門を求めた訴訟で、福岡高裁は10年12月、国に5年間の開門を命じる判決を出した。開門期限は今月20日。当時の菅直人首相は上告を断念し、この判決が確定。一方、長崎地裁が今年11月12日、国に開門を差し止める仮処分を決定。相反する二つの司法判断に挟まれ、国が20日の開門期限を守れないことが確実視されている。

  • JAS法の改善指示(2008年07月08日 朝刊)

    JAS法では営業エリアが複数の都道府県にまたがる場合は国が、同じ地域内の業者は都道府県が管轄する。農林水産省は02年のJAS法改正に伴って指針を定め、違反が故意で常習的な場合は改善を「指示」し、業者名や違反事実を原則公表するとした。一時的な過失で、業者が直ちに改善の意思を示した場合は非公表の「指導」にとどめることができる。国や都道府県は事例ごとに判断している。国は法改正以降の指示199件をすべて公表している。

最新ニュース

写真・図版

豚熱の防疫措置、24時間3交代制で進む(2021/4/19)

 栃木県那須塩原市内での二つの養豚場で豚熱(CSF)が確認された問題で、18日正午までに2873頭、7・8%の殺処分が終わった。県が発表した。 殺処分の対象は約3万7千頭。県は進捗状況は順調としている…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】ゆったりと快適「ふたり旅」

    注目の新キャピングカーを紹介

  • 写真

    【&TRAVEL】モデル・はな、動物園へ

    神戸で動物たちに癒やされる

  • 写真

    【&M】試写会プレゼント

    吉永小百合『いのちの停車場』

  • 写真

    【&w】女性たちのドリームチーム

    スリランカ 光の島の原石たち

  • 写真

    好書好日フェミニズム専門書店

    東京・新代田にオープン

  • 写真

    論座「うちわ会食」にNG

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新時代の進化した仕事着

    ポール・スミスのセットアップ

  • 写真

    Aging Gracefully"挑戦し続ける女性は美しい "

    二拠点生活を送る中谷美紀さん

  • 写真

    GLOBE+女性研究者は16%の衝撃

    OECD最低水準に挑む人たち

  • 写真

    sippoクセが強い、穏やかで

    頑固な末っ子猫アル

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ