メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

追徴課税

関連キーワード

  • 源泉徴収(2014年11月10日 夕刊)

    会社や個人事業者は従業員らに給与や報酬を支払う際、金額に応じて一定の割合を所得税として差し引くことが義務づけられている。原則として、差し引いた分は給与や報酬を支払った月の翌月の10日までに国に納めなければならない。差し引かなければ「源泉徴収漏れ」となり、追徴課税の対象となる。

  • 消費税の不正還付(2013年08月05日 朝刊)

    売上時に受け取った消費税より、仕入れの時に払った消費税が多い場合、申告すれば差額の還付を受けられる。商品を海外に輸出すれば、国内の仕入れで払った消費税は全額還付される。国税庁によると、還付制度を悪用した不正還付は、2012年6月までの1年間で820件あり、11億3700万円が追徴課税された。国税庁は12年4月、税務署に還付を申告する際、明細書の添付を義務づけるなどの対策をとった。

最新ニュース

除染業者30億円申告漏れか(2019/4/17)有料会員限定記事

 原発事故の除染作業を手がける「相双リテック」(福島県いわき市)が、仙台国税局から2016年12月期までの3年間で約30億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。計約76億円の役員報酬を計上していたが…[続きを読む]

追徴課税をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ