メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

連合国

関連キーワード

  • 連合国軍の戦争捕虜(2010年07月31日 夕刊)

    戦時中、日本軍が捕虜にした連合国軍の兵士は約30万人にのぼったとされる。タイ—ミャンマー(ビルマ)間を結ぶ泰緬鉄道の建設現場などアジア各地で過酷な労働を強いられ、日本国内にも約3万6千人が連行された。米、英の捕虜の死亡率は3割に迫り、ジュネーブ条約違反の指摘を受けて極東国際軍事裁判などで追及された。昨年6月には、麻生首相(当時)の父が経営した旧麻生鉱業の炭鉱で働かされたというオーストラリア人の元捕虜らが来日。首相に面会を求めるなど、いまも謝罪や補償を求める動きがある。

  • 連合国軍人の戦争捕虜(2014年10月28日 夕刊)

    太平洋戦争中、連合国軍の兵士ら3万人以上が捕虜として日本に連れてこられたと言われる。多くは炭鉱や工場などで働かされ、飢えや空襲などで約3500人が亡くなった。外務省は「心の和解」をテーマに2010年から米国の元捕虜の招聘事業を開始。元捕虜や家族ら約70人が来日している。

  • 日本軍の連合国軍捕虜(2015年08月12日 朝刊)

    防衛省防衛研究所などによると、太平洋戦争中に日本軍が捕らえた捕虜と衛生兵は約16万8千人。アジアの占領地で鉄道や道路の建設に従事させ、一部は日本に連行して炭鉱や造船所で働かせた。飢えや虐待などで少なくとも3万8千人が死亡したとされる。戦後、虐待に関わった軍人らは戦犯裁判で追及され、死刑判決も多く下された。POW研究会によると、1990年代以降、元捕虜が日本政府や企業を相次いで訴えたが、すべて退かれた。三菱マテリアルは7月、鉱山で労働を強いた米国人捕虜や遺族に対し、初めて公式謝罪した。

最新ニュース

「戦争障害者の社会史」書評 傷ついた兵士は英雄か犠牲者か(2021/5/8)

「戦争障害者の社会史」 [著]北村陽子 20世紀の二つの大戦(第1次、第2次世界大戦)は、最新兵器を用いての国家総力戦であり、兵員殲滅(せんめつ)の戦いであった。 いずれの大戦でも敗戦国となったドイツ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】山のチーズとシュナップス

    国境越えハイキングで堪能

  • 写真

    【&TRAVEL】自由を取り戻しに湘南へ

    宇賀なつみがつづる旅

  • 写真

    【&M】「イエローカンパニー」

    スパイス感強めのスープカレー

  • 写真

    【&w】誕生日はアメリカから洋服を

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日山尾悠子の幻想文学に感嘆

    朝宮運河さんが魅力を解説

  • 写真

    論座ワクチン接種か東京五輪か

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン自己肯定感を高める美容

    自信がみなぎるボディーケア

  • 写真

    Aging Gracefully今ほしいのは「おうち映え」

    おうち時間をもっと楽しむ方法

  • 写真

    GLOBE+わきえまる障害者はイヤ

    伊是名夏子さんが声上げた理由

  • 写真

    sippo保護犬の預かりボランティア

    留守番、時間のやりくりのコツ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ