メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

指定暴力団「道仁会」

■九州誠道会との抗争の歴史はこちら

関連キーワード

  • 道仁会(2016年08月28日 朝刊)

    福岡県久留米市を拠点に1971年に結成され、80年代には指定暴力団山口組系組織と「山道抗争」を繰り広げた。2006年には会長人事をめぐって離脱した傘下最大組織の村上一家などが結成した九州誠道会(現・浪川会)と抗争状態になり、病院で入院患者の男性が組関係者と間違われ射殺される事件も起きた。

  • 道仁会と九州誠道会の抗争(2011年04月07日 夕刊)

    九州誠道会は2006年、道仁会の会長人事をめぐり分裂し、結成。両組織の抗争が続いている。07年には道仁会トップが福岡市内で射殺され、その後、佐賀県武雄市の病院で入院中の一般市民の男性が、誠道会関係者と間違われ、道仁会系組幹部に射殺された。抗争はいったん下火になったが、今年3月以降、抗争が相次いでいる。これまでに一般市民1人を含む計9人が殺害された。これとは別に、誠道会系の現役幹部と同会系の元組長が飲食店でトラブルになり、けんかがエスカレートしたとみられる事件も4月になって相次いでいる。

  • 道仁会旧本部事務所立ち退き請求訴訟(2012年04月28日 朝刊)

    2006年、指定暴力団の道仁会と九州誠道会の抗争に伴う発砲事件などが相次ぎ、福岡県久留米市内にあった道仁会旧本部事務所周辺の住民ら約600人が08年、事務所と隣接ビルの使用禁止を求める仮処分を地裁久留米支部に申請。09年には使用差し止めと慰謝料を求めて提訴した。仮処分申請は認められ、現在の本部事務所は別の場所に移転している。

最新ニュース

「日本一危険」な暴力団・工藤会の動き急(2019/2/22)

 「工藤会」という名の暴力団をご存じですか。北九州市に本拠を置く組織で、全国に24ある指定暴力団の中で、ただひとつ公安委員から「特定危険指定」を受けています。組織暴力捜査にかかわる警察関係者には「日本…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ