メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

適応指導教室

関連キーワード

  • 適応指導教室(2015年11月06日 朝刊)

    不登校の児童生徒に対し、学校復帰のための指導・援助を行うため、教育委員会が学校以外の場所に設置する施設。教育支援センターとも呼ばれる。カウンセリングを通じた教育相談や教科学習の指導、自然体験や調理実習、ゲームなどのグループ活動も行われている。文部科学省の調査によると、全国に約1300カ所ある。昨年度の1年間に約1万5千人が指導を受けた。

  • 不登校(2015年12月09日 朝刊)

    文部科学省によると、病気や経済的理由以外で年30日以上学校を欠席したケースをいう。2014年度は小中学校12万3千人(全体の1・2%)、高校5万3千人(同1・6%)。小中学校は2年連続で増え、5年ぶりに12万人を超えた。文科省は教育委員会が学校以外の場所で不登校生を援助する「適応指導教室」の設置を広げる方針を示している。

最新ニュース

写真・図版

部活やひきこもり対策も 教育現場で採用進むeスポーツ(2019/9/15)

 コンピューターゲームで競う「eスポーツ」が国内で広まっています。今秋の茨城国体では文化プログラムとして都道府県代表による対抗戦も行われます。昨年には国内の統括団体も設立され、学校の部活動にも採り入れ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ