メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

選手村

関連キーワード

  • 五輪選手村(2014年02月17日 朝刊)

    2020年東京大会では、東京・銀座から約3キロの晴海地区に建設予定。16年の招致構想ではメーンスタジアムの建設予定地だった。都によると、選手や役員ら1万7千人が宿泊できる施設群を、大会後に民間住宅として転用する。過去の選手村跡地は、64年東京が国立オリンピック記念青少年総合センターに、72年札幌と98年長野は新興住宅街になった。

  • 選手村と晴海フラッグ(2021年01月30日 夕刊)

    三方を海に囲まれた東京・晴海の約44ヘクタールの土地に21棟の宿泊施設が並ぶ東京五輪・パラリンピックの選手村は大会後、内装を改修し、50階建ての2棟を加えて23棟(約5600戸)のマンション群「晴海フラッグ」に生まれ変わる。大手ディベロッパー11社が手がけ、第1期の販売価格は5千万円台〜1億円超。2019年7月から分譲用の販売が順次始まり、893戸に2220件の申し込みがあった。現在、販売は停止している。東京都は19年4月、11社が整備した宿舎用の建物を20年1〜12月の1年間、38億円で借り受ける契約を結んだが、延期により、昨年11月、21年分を同額で借りる契約を結び直した。

  • ワシントンハイツ(2012年10月01日 朝刊)

    1947〜63年、現在の国立代々木競技場や代々木公園一帯にあった米軍家族住宅エリア。約92万平方メートルに住宅827戸や学校、教会、給油所や変電所もある「日本の中のアメリカ」だった。64年の東京五輪前に返還され、選手村として使われた後、解体された。

最新ニュース

写真・図版

「コロナ五輪」 世界で進む準備、海外メディアは懐疑論(2021/5/9)有料会員記事

 東京オリンピック(五輪)の開幕まで2カ月半。国際オリンピック委員会(IOC)が選手団向けに新型コロナウイルスのワクチンを確保するなど、世界でも感染対策などの準備が進んでいる。ただ、インドなどで変異株…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】ゆったりと快適「ふたり旅」

    注目の新キャピングカーを紹介

  • 写真

    【&TRAVEL】秘湯、シカと犬仲良く見送り

    楽しいひとり温泉 北海道

  • 写真

    【&M】「イエローカンパニー」

    スパイス感強めのスープカレー

  • 写真

    【&w】習い事、はじめました

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    好書好日生きるヒントを込めた一杯

    マンガで学ぶ移動珈琲屋の仕事

  • 写真

    論座冷戦の歴史から何を学ぶか

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンハンティング・ワールド

    世代をつなぐキャリーオール

  • 写真

    Aging Gracefully“いいトコ取り”アイテム

    アウター、バッグ、シューズ

  • 写真

    GLOBE+アジア系差別、沈黙やめた私

    「シャイで従順」からの転換

  • 写真

    sippo猫が抱っこを嫌がる理由は?

    苦手なだけ、待つ時間も楽しむ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ