メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

選手村

関連キーワード

  • 五輪選手村(2014年02月17日 朝刊)

    2020年東京大会では、東京・銀座から約3キロの晴海地区に建設予定。16年の招致構想ではメーンスタジアムの建設予定地だった。都によると、選手や役員ら1万7千人が宿泊できる施設群を、大会後に民間住宅として転用する。過去の選手村跡地は、64年東京が国立オリンピック記念青少年総合センターに、72年札幌と98年長野は新興住宅街になった。

  • ワシントンハイツ(2012年10月01日 朝刊)

    1947〜63年、現在の国立代々木競技場や代々木公園一帯にあった米軍家族住宅エリア。約92万平方メートルに住宅827戸や学校、教会、給油所や変電所もある「日本の中のアメリカ」だった。64年の東京五輪前に返還され、選手村として使われた後、解体された。

  • 東京五輪に向けた都心開発(2013年09月12日 夕刊)

    メーン会場となる国立競技場は、収容人員約8万人の新スタジアムに建て替えられる。臨海部には約1万7千人が滞在する選手村がつくられ、五輪後はマンションになる予定だ。道路は、選手村と競技会場を結ぶ環状道など10路線計24キロが整備される。64年五輪で整備が進み、老朽化が深刻な首都高の改修も課題となっている。

最新ニュース

写真・図版

(東京五輪物語)開幕前年:4 選手村食堂メニューの試食会 食の日本代表として(2019/8/17)有料記事

 ■1964-2019-2020 東京五輪を翌年に控えた1963年8月23日、東京・帝国ホテルで、「オリンピック選手村の食事試食会」が行われた。各界の食通と言われる約400人が招かれた。佐藤栄作オリン…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ